wwwありとwwwなしは必ず統一する

wwwありとwwwなしは必ず統一する

サイトを公開した際には「wwwあり・なし」どちらのURLでもアクセスができます。

(例)
・https://syumix.com/
・https://www.syumix.com/

しかしこれでは、googleのクローラーにそれぞれ別のサイトと判断され、重複コンテンツとして認識されてしまう可能性も考えられます。

wwwありとwwwなしは統一しなければならない理由

「wwwあり」と「wwwなし」はユーザー側からすれば、内容は同じですが、Googleのクローラーからすれば全く別のサイトと判断されてしまう場合があります。

別のサイトと判断されてしまうと、例えば、せっかくリンクを貼ってもらってもその評価が分散されてしまいます。

しかも、Googleなどの検索エンジンに別のページと認識され、重複ページとして「ペナルティ」を受ける可能性もあります。

重複コンテンツエラー

重複ページとして認識されるとサイトの質の低下にもつながり、SEO対策の観点からも当然良くありません。

そこで、ここではドメインのwwwあり・なしを統一してURLの正規化を図る方法を解説したいと思います。

wwwありとwwwなしを統一する方法

.htaccessでドメインを統一

wwwあり・なしを.htaccessファイルにコーディングすることで統一します。統一するコードを追加すると検索エンジンがどちらか一方だけを認識するようになります。

コーディングは、下記のwwwあり・なしいずれかのタグを選び、.htaccessに記述してアップします(syumix.comとなっているドメインの箇所は目的のものに変更します)。

下記のコードは、wwwなし⇒あり、wwwあり⇒なし、のいずれかに301リダイレクトをするように指示したものです。

wwwありに統一する場合

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^syumix\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://www.syumix.com/$1 [R=301,L]

wwwなしに統一する場合

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.syumix\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://syumix.com/$1 [R=301,L]

コードを追加した.htaccessファイルはサーバー側へ送信します。

.htaccessをアップした後は、例えば「wwwなし」で設定した場合は、wwwありでURLを入力して、wwwなしに変わるか確認してみましょう。

「403 Forbidden」というエラーが表示されたら、「RewriteEngine on」の前に、「Options +FollowSymLinks」を追加してみて下さい。

尚、.htaccessが無い場合や新しく作成する場合は、htaccess.txtを予め作成し、サーバー側に移行した後で名前を変更することで対応します。

.htaccessのアップロード

サーチコンソールでドメインを統一

.htaccessでリダイレクト設定をしたらサーチコンソールでも使用するドメインを設定しておきましょう。

サーチコンソールでドメインを統一する場合は、サーチコンソール内にwwwありとwwwなしのURLの2つを予め登録しておく必要があります。

サーチコンソールにサイトを登録するには、サーチコンソールにログインし、ページ左上のURL部分(古いバージョンではページ右上)の「プロパティを追加」をクリックしてURLを入力します。

サイトの追加には所有サイトであることを確認するために「所有権の確認」があります。

サーチコンソール画面

2つのサイト登録後は、旧バージョンで説明すると、サーチコンソール上の右上の歯車アイコンをクリックし、「サイトの設定」をクリックし、使用するドメインで、希望のオプション(wwwあり・なし)を選択します。

以上で「ウェブマスターツール」での設定は完了です。

内部リンクなども統一しておきましょう。

尚、サーチコンソールでドメインを統一した場合でも301リダイレクトは行って下さい。

使用しないドメインからトラフィックをリダイレクトすることで、他の検索エンジンやユーザーにどちらのバージョンを使用するかを伝えることができ、リンク切れのリスクもなくなります。

index.htmlあり・なしを統一する


関連記事

SEO対策

SEO対策とは? SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、Go

記事を読む

WordPressテーマ 無料でもSEOに強いテーマ5選

ここでは、WordPress(ワードプレス)を使っている方に無料でもSEO対策が施されている

記事を読む

index.htmlのありなしを統一する

通常、サイトを公開した際には「index.htmlあり・なし」どちらのURLでもアクセスがで

記事を読む

SEO内部対策

SEO対策には、 ○サイトの内部に対策を施す「内部対策」と ○サイトの外から対策を施す「

記事を読む

MOZ Link Explorer でドメインのオーソリティ(ドメインパワー)をチェックする方法

2018年の後半に入ってドメインパワーを持ったサイトがこれまでよりSEOに強くなっている気が

記事を読む

SEOとは?

インターネットビジネスに興味のある方であれば、「SEO」という言葉を耳にしたことがあると思い

記事を読む


PAGE TOP ↑