WordPressのリビジョンの削除の仕方

WordPressのリビジョンを削除

WordPressにはリビジョンと呼ばれる記事の下書き保存機能があります。

リビジョンとは?

リビジョンとは「修正する」という意味で、記事を更新したり。下書きとして保存した時などに記事を保存(バックアップ)し、過去に編集した記事を復元したり現在の記事との変更点を照合することを可能とする機能です。

リビジョン画面

何度か記事を修正した結果、やっぱり前の記事に戻したい、とか、パソコンが固まって記事が喪失した時に保存された分を復活したい場合などに使えます。

編集中は便利な機能ですが、ある程度、ページが完成するとあまり意味がなくなります。

WordPressユーザーにはいざという時にありがたい機能ですが、この下書きデータはサーバーのデータベースに保存されていくため、下書きが溜まりすぎるとそれだけデータベースのサイズも膨らみいろいろな副作用も生じてきます。

具体的には、容量を食いブログが重たくなったり、WordPressで記事を書いている時などに動作が重たくなり、反応が遅くなったりします。

このリビジョンですが、放っておくと不要になった過去の記事も溜まりっぱなしになります。本来の記事の数にいくつものバックアップが存在しますので場合によっては数千、数万単位に残っています。

ここでは、そんなリビジョンを削除する方法を解説します。

WordPressのリビジョンを削除する方法

リビジョンは、「WP-Optimize」というプラグインをインストールすることで簡単に削除することができます。

WP-Optimizeは、WordPressのデータベースの自動クリーンアップと最適化ができるプラグインです。この中の機能の一つである「全ての投稿リビジョンをクリーン」という機能を使ってリビジョンを削除することができます。

当たり前ですが、削除した後は前の記事を復活させることはできなくなりますので、不要であることを確認してこの機能を使うようにして下さい。

プラグイン「WP-Optimize」のインストール

プラグインをインストールするには、WordPressメニューの「プラグイン」から「新規追加」に進みます。

プラグインを追加の画面でキーワードに「WP-Optimize」と入力すると自動的に該当のプラグインが表示されますので「今すぐインストール」をクリック。その後「有効化」ボタンをクリックします。

WordPressのメニューの
①「WP-Optimize」に進み、
②すべての投稿リビジョンをクーリンの「最適化を実行」をクリックします。

以上で、リビジョンの削除は完了です。

WP-Optimizeは、リビジョンの削除以外にも
・データーベースの最適化
・スパム判定されたコメントの削除
・未承認コメントの削除
なども可能です。

「設定」機能を利用すれば、定期的にこれらの削除や最適化を実行することができます。

まとめ

このように、WordPressのリビジョンは、一つのやり方として「WP-Optimize」というプラグインを利用することで削除することができます。

WP-Optimizeは、溜まったリビジョンを削除する以外にもWordPressのデータベースの自動クリーンアップができます。

ただ記事を書いているだけではデータベースの中には余分なデータが増え続けます。そして、容量が増えすぎると、WORDPressの動作が重くなる原因になることもあります。

リビジョンの削除もそうですが、こういったことを予防するためにもWordPressのデータベースを定期的に最適化しましょう。


関連記事

WordPressでユーザー名を変更する手順

WordPressにログインする時は、「ユーザー名またはメールアドレス」と「パスワード」が必

記事を読む

SEOに強いWordPressテーマの選び方

ブログやホームページを作る際に今や必要不可欠となってきているWordPress。 その

記事を読む

有料だけどおすすめのWordPressテーマ「THE THOR」

ご存じの通りWordPressテーマには無料でも使えるものがたくさんあります。無料だからとい

記事を読む

WordPressに最小限必要と思われるおすすめのプラグイン8

WordPressは、プラグインというツールで機能を拡張することができます。 つまり、

記事を読む

WordPressテーマ 無料でもSEOに強いテーマ5選

ここでは、WordPress(ワードプレス)を使っている方に無料でもSEO対策が施されている

記事を読む

WordPressの初心者から中級者におすすめのレンタルサーバー3選

10年以上に渡って様々なサーバーをレンタルしてきた管理人がWordPressを使うならこれが

記事を読む


PAGE TOP ↑