WordPressに最小限必要と思われるおすすめのプラグイン8

WordPressにおすすめのプラグイン

WordPressは、プラグインというツールで機能を拡張することができます。

つまり、インストールしただけのWordPressでは不足している機能に、プログラム(プラグイン)をインストールすることで新しく機能を追加することができるという訳です。

適切なプラグインをインストールすることは、WordPressの操作性を高めたり、必要な機能を補ったりするために非常に有効です。

ただ、だからといって何でもかんでもプラグインを追加していくとWordPressが重たくなって動作が遅くなったり、プラグイン同士で干渉してしまい、WordPressの動作に悪影響を与えることがあります。

さらには、欠陥が潜んでいたり、悪質なマルウェアが埋め込まれたプラグインをインストールすると重大なバグや情報セキュリティ上の欠陥にさらされることもあります。

従って、レビューの評価が低いものやインストール数が少ないもの、バージョンが新しいもの、などのインストールはできれば避け、最低限必要な安全なプラグインだけインストールすることをおすすめします。

WordPressにおすすめのプラグイン

ここでは、WordPressに入れるべきおすすめのプラグイン7つを厳選して紹介します。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsというプラグインをインストールすると、記事を公開したり更新した際に、Googleの規定に準拠した形式でサイトマップを自動生成してGoogleに通知してくれます。

サイトマップは、サイトのコンテンツを検索エンジンに認識してもらうために有効なもです。必須ではありませんが、インデックスやクロールのスピードが速くなる上、クローラーがサイト内を把握しやすくなり、検索結果にサイトが表示されやすくなります。

インストールをするとWordPressの「設定」のメニューに「XML-Sitemaps」というメニューが追加されていますので、そこに遷移して、
・基本的な設定
・投稿の優先順位
・Sitemapコンテンツ
・Excluded Items
・Change Frequencies
・優先順位の設定
を行います。

一度インストールして設定しておけば後は自動的に動作します。

参考:Google XML Sitemapsとは?その設定方法と使い方

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Orderは、ホームページ上で表示されるカテゴリーの表示順をドラッグ&ドロップで自由にを変更することができるプラグインです。

WordPressで設定したカテゴリーは、基本的には、数字⇒アルファベット⇒ひらがな⇒カタカナ⇒漢字という順で表示されます。

しかし、場合によっては、この順番を変えたくなる場合があります。

Category Order and Taxonomy Terms Orderをインストールすると、WordPressメニューの「投稿」に「タクソノミーオーダー(Taxonomy Order)」というメニューが表示されますので、そこに遷移して、下記図のようにドラッグ&ドロップで表示順位を変更することができます。

カテゴリの表示順の変更の仕方

TinyMCE Advanced

WordPress標準では、表の挿入や編集、文字のサイズを変えたりと基本的なことをするのでもhtmlを編集する知識が必要になります。

例えば表は、通常のブログでは使う機会はあまりありませんが、アフィリエイトなどでは商品を比較する場合などによく使用することになります。

TinyMCE Advancedは、記事を投稿する時のビジュアルエディターを拡張することができるプラグインです。

TinyMCE Advancedを導入するとWordPress管理画面メニューの「設定」の中に「TinyMCE Advanced」という項目が追加されますのでそこに遷移して必要な「編集ボタン」を追加することができます。

TinyMCE Advancedのインストール

EWWW Image Optimizer

サイトの表示速度を高速化させるための一つの手段が画像の圧縮です。特にWordPressの場合はサムネイル画像をいろいろな場所で表示します。

EWWW Image Optimizerは、これからアップロードする画像を画質を劣化させずに自動で圧縮してくれるほか、一括最適化の機能を使うことで過去にアップロードした画像も圧縮してくれるプラグインです。

EWWW Image OptimizerをインストールするとWordPress管理画面メニューの「メディア」の中に「一括最適化」という項目が追加されますのでそこに遷移して「最適化されていない画像をスキャンする」→「最適化開始」をクリックすることで。画像を圧縮する処理を起動することができます。

プラグインをインストールして有効化しておくと、今後アップロードする画像も自動的に圧縮してくれます。Googleのサイトの評価項目にはサイトの表示速度もありますので、SEO対策の一環にもなります。

AKismet

AKismetは、WordPressにはじめからインストールされているデフォルトプラグインのひとつで、スパムと思われるコメントやトラックバックを自動判定して分類し、管理者の手間を助けるプラグインです。

ある程度のページビューになると頻繁にスパムコメントが入ってくるようになりますので最初から有効化しておくことをおすすめします。

Yoast SEO

こちらはWordPressをある程度理解した中級者の方におすすめのSEO対策用のプラグインです。設定の仕方を間違えるとサイトの順位低下の原因にもなりかねませんので初級者の方はスルーした方が無難です。

SEO対策のプラグインでは、これまでAll in One SEO Packが有名でしたが、設定内容がより多く、少しわかりにくい面もあるためYoast SEOの利用者が増えています。

主な機能は、
・タイトルやディスクリプションの設定
・XML Sitemapの設定・自動更新
・記事投稿時のリアルタイムSEOチェック
などです。特にディスクリプションの設定がない場合は、本文から抜粋されて紹介文が表示されるようになっていますので、ページの意図を正確かつ簡潔に表示できない可能性があります。

タイトルとディスクリプションは、Googleで検索をかけた場合、以下のように表示されます。検索する人の目を引く重要な文章です。

タイトルとディスクリプションの表示のされかた

Yoast SEOをインストールして有効化すると、WordPress管理画面のサイドバーメニューに「SEO」という項目が追加されます。

SEO項目

多彩な設定でSEOの内部対策に関する様々な設定ができるようになっています。但し、ワードプレスで記事を書く際に動作が重たくなるのが難点です。

WP-Optimize

WordPressにはリビジョンと呼ばれる記事の下書き保存機能があります。この下書きを放っておくと不要になった過去の記事も溜まりっぱなしになります。

WP-Optimizeは、WordPressのデータベースの自動クリーンアップと最適化ができるプラグインで、この中の機能の一つである「全ての投稿リビジョンをクリーン」という機能を使ってリビジョンを削除することができます。

参考:WordPressのリビジョンを削除する方法

WordPress Ping Optimizer

ping(送信)とは、サイトを更新したことをお知らせする機能のことです。例えば、Googleにもpingを送信することでサイトを更新したことを知らせることができます。

pingを送信するとより早くインデックスされる可能性が高くなります。

WordPressでは予め、pingの送信先を登録することで、サイトを更新したことをお知らせする機能が付属されていますが、デフォルトでは、記事の変更や下書き保存をした都度にpingが送信され、スパム判定されてしまうリスクがあります。

できれば、記事の作成がちゃんと終了した時点のみでping送信したいものです。

WordPress Ping Optimizerは、記事の編集時にはpingを送信せず、記事の作成時のみpingを送信します。

インストールして有効化すると、「設定」の中に「WordPress Ping Optimizer」というメニューが表示されますので、そこに遷移し、
・Enable pinging(ping送信を有効化)
・Limit excessive pinging in short time(短時間で過度のPing送信を制限)
にチェックを入れます。

設定したら、「save setting」をクリックして設定を保存します。

プラグインのインストールの仕方

プラグインをインストールするには、WordPressメニューの「プラグイン」から「新規追加」に進みます。

プラグインのインストールの仕方1

キーワードに①「目的のプラグインの名前」を入力すると下に自動的にプラグインが表示されますので②「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインのインストールの仕方2

インストールが完了すると、「有効化」ボタンが表示されますので、有効化ボタンをクリックして有効にします。

まとめ

以上、WordPressにおすすめのプラグインでした。

プラグインは煩雑な業務を簡略化するツールです。ここで紹介したプラグインは最低限必要と思われるものを抜粋しました。

今回紹介した7つのプラグインは、定番とされているものばかりで、導入実績も多いので安心してインストールできるのではないかと思います。但し、プラグインをインストールする前は必ず記事のバックアップを取ることをおすすめします。


関連記事

WordPressテーマ cocoonはランキングサイトの構築にもおすすめ

アフィリエイトサイトを構築する上で、商品を比較して紹介する比較サイト、ランキングサイトを構築

記事を読む

WordPressとは?

ワードプレスとは? ワードプレス(WordPress)とは、ブログを書いたりWEBサイトを作る

記事を読む

WordPressでのブログ記事の書き方

ここでは、初心者の方でもわかるように、WordPressでのブログ記事の書き方、手順を解説し

記事を読む

WordPressの初心者から中級者におすすめのレンタルサーバー3選

10年以上に渡って様々なサーバーをレンタルしてきた管理人がWordPressを使うならこれが

記事を読む

WordPressにログインする手順

WordPressのインストールが完了したらワードプレスの管理画面に入室してブログなどの記事

記事を読む

Google XML Sitemapsとは?その設定方法と使い方を解説

サイト(ブログ)を公開するといずれGoogleのクローラー(ネット上でサイトをみてまわるプロ

記事を読む


PAGE TOP ↑