WordPressをインストールしたら最初にやるべき3つの設定

WordPressをインストールしたら最初にやるべき3つの設定

WordPressをサーバーにインストールするといよいよWordPressを使って記事を書くことになりますが、記事を書く前に設定しておいた方がよいものがいくつかあります。

ここでは、WordPressをインストールしたら、記事を書く前に設定しておいた方がよいものを解説しています。

WordPressをインストールしたら最初にやるべき3つの設定

一般設定

一般設定では、サイト管理に関する設定を行います。

一般設定の画面は、WordPress管理画面の「設定」-「一般」へと進みます。

一般設定画面

サイトのタイトル

サイトのタイトルは、文字通りサイトのタイトルを入力します。

記事のタイトル同様、タイトルと名のつくものは、検索エンジンでは重要視されますので、基本的にはSEO対策を意識したタイトルにすることが重要です。

しかし、サイトのタイトルは、サイト全体を包括する名前になりますので、特定のキーワードの挿入が難しい場合もあります。その場合は憶えやすいタイトルで他のサイトとあまり重複しないタイトルにするのもおすすめです。

SEOを意識してキーワード「実益 趣味」を挿入した例
例)実益を兼ねた趣味

憶えやすいタイトル
例)趣味ックス

憶えやすいタイトルは、そのブログにファンがつき、検索エンジンでそのままそのタイトルで検索してくるのを狙います。

キャッチフレーズ

キャッチフレーズは、基本的にmeta descriptionといってそのページの概要を表すテキストとして使われますが、WordPressテーマによっては予期せぬところに使われる場合があるので空白にしておいた方が無難です。

WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)、メールアドレス

WordPressのURL、サイトのURL、メールアドレスははWordPressをインストールした際に定義したものですので基本、触らなくてOKです。

以上、サイトのタイトルとキャッチフレーズを修正したら一番下の「変更を保存」ボタンをクリックします。

表示設定

次に表示設定を行います。

表示設定の画面は、WordPress管理画面の「設定」-「表示設定」へと進みます。

表示設定画面

表示設定では、一番下の「検索エンジンでの表示」を確認します。

インストールした当初は、デザインを確認し、自分の好みへ変更したり、様々な設定に手を加えることが多いものです。

場合によっては、投稿画面で入力したテスト記事を公開ボタンを押して確認することもあるかもしれません。

当然、テスト記事は検索エンジン(GoogleやYahoo)にインデックスされないようにしたいものです。

表示設定の「検索エンジンでの表示」で、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れておけば、公開されるページのmetaタグにnoindexが記述され、Google(Yahoo)の検索エンジンにインデックスされないようになります。

テスト投稿をしないのであれば最初からチェックを外していてもいいし、テスト記事を書くのであれば、本番用の記事を書く直前にチェックを外しても構いません。

サイトの設定や記事が未完成の場合は、「検索エンジンでの表示」で、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックすることで自分のサイトを検索エンジンで表示させないようにすることができます。

投稿設定

次に投稿設定を行います。

投稿設定の画面は、WordPress管理画面の「設定」-「投稿設定」へと進みます。

表示設定の「検索エンジンでの表示」で、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れていなければ、記事は、ゆくゆくは検索エンジン(GoogleやYahoo)にインデックスされます。

通常、公開された記事は放っておいてもGooglebotという巡回ロボットがリンクをたどるなどして検索エンジンにインデックスされますが、これを待っておくと少し時間がかかる場合があります。折角書いた記事ですから早めにインデックスしてほしいものです。

また、ブログのランキングサイトなどに登録していると、記事を書いたことをランキングサイトに知らせる必要も出てきます。

この更新したことを検索エンジンや各サイトに通知するのが「投稿設定」の「更新情報サービス」です。以下のようなサービスに登録しておきます。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://xping.pubsub.com/ping/

パーマリンク設定

次にパーマリンク設定を行います。

パーマリンク設定の画面は、WordPress管理画面の「設定」-「パーマリンク設定」へと進みます。

パーマリンク設定画面

パーマリンクとは、記事毎に設定されるURLのことです。

このページで言えば、https://syumix.com/wordoress-shokisettei/の「wordoress-shokisettei」の部分がこれにあたります。

パーマリンクは、「投稿名」がおすすめです。

このサイトも投稿名「/%postname%/」を選択し英字を基本にURLを設定しています。

自分で自由に文字を打って設定することができますし、シンプルです。また、URLを見ておよそ何に関する記事か書かれているか想像できる場合が多いからです。

日本語も入力できますが、ページが表示されるときは、%や英数字が混ざった表示となるので何が何だかわからなくなりますのでおすすめしません。

また、例えば、基本の「?p=123」は、https://syumix.com/?p=128といった任意のIDが自動的に割り当てられたURLになり、サイトの訪問者には不親切かもしれません。

まとめ

WordPressには設定項目が多いものの、インストールして最初にやるべき設定はこれら3つの設定です。

特に「サイトのタイトル」や「パーマリンク」は、記事を書き出した後に修正するとなると、途中からタイトルや記事のURLが変わることになりSEO的にも少しばかり混乱を招いてしまう可能性がありますので、最初に修正(設定)しておきましょう。


関連記事

SEOに強いWordPressテーマの選び方

ブログやホームページを作る際に今や必要不可欠となってきているWordPress。 その

記事を読む

WordPressにログインする手順

WordPressのインストールが完了したらワードプレスの管理画面に入室してブログなどの記事

記事を読む

有料だけどおすすめのWordPressテーマ「THE THOR」

ご存じの通りWordPressテーマには無料でも使えるものがたくさんあります。無料だからとい

記事を読む

WordPressのリビジョンの削除の仕方

WordPressにはリビジョンと呼ばれる記事の下書き保存機能があります。 リビジョンとは

記事を読む

エックスサーバーでWordPressをインストールする手順

ここでは、当サイトでもイチオシのレンタルサーバーであるエックスサーバーでWordPressを

記事を読む

WordPressでのブログ記事の書き方

ここでは、初心者の方でもわかるように、WordPressでのブログ記事の書き方、手順を解説し

記事を読む


PAGE TOP ↑