趣味:占いを学習する

趣味:占いを習う
占いが趣味といっても「占いをする方」と「占ってもらう方」があります。

ここでおすすめするのは「占いをする方」です。つまり、占いを学習して占うことができる技術を身につけるというものです。

他人様の鑑定ができるようになるのもいいですが、自分の開運ができるようになる術を学ぶというものです。

開運方法を日常に取り入れてどんどん開運していきましょう。

占いには、
・星座占い(西洋占星術)
・九星気学
・四柱推命
・風水
・姓名判断
・奇門遁甲
・干支占い
・手相・人相
・六星占術
・易
・タロット
など様々なものがあります。

当たる占い師もそうでない占い師も基本は上記のような歴史の古いいずれかの占いを基本に経験値をプラスして鑑定しているものです。

占ってもらって一喜一憂するのではなく、自分で占いの理論を理解して今後の人生に役立てる方が得策かもしれません。

このうち、自分の開運のためにすぐに実践できるものが、風水や九星気学、奇門遁甲といったものです。

風水はインテリアなどで開運する方法が学べますし、九星気学や奇門遁甲は、移動(引っ越しや旅行)する時などの吉方位・凶方位などを理解することができるようになります。

九星気学と奇門遁甲ではその時々の吉方位などが多少違うため、中には2つの吉方位・凶方位がマッチしたオリジナルの吉方位・凶方位を作成し、吉方向に移動することで開運に成功した人もいます。

姓名判断や手相占いなどは、数字の意味や手相の線の意味を習得すれば比較的簡単に鑑定することが可能です。友達や知人の鑑定も簡単にできるようになりますのでコミュニケーションツールとしても有効です。

現在は、これらのあらゆる占いの学習本をネットを通して入手することが可能です。また、本格的に学ぼうと思えば探せば通信講座もあります。

占いを学習しながら自分で開設したブログに整理していけば、立派な占いのサイトに成長させることができるかもしれません。

占い師には資格が必要ありませんので、自分なりにしっかり学習すればプロの占い師としてデビューすることも可能です。ブログで鑑定を募集すれば顔出しせずに占い師として活躍することも可能です。


関連記事

趣味:書道

パソコンが普及したとはいえ、祝儀袋を準備するとき、結婚式の受付で記帳するとき、年賀状に一筆添

記事を読む

趣味:読書

インドア派の趣味の代表格とされる読書。男性・女性ともに履歴書の趣味の欄に書かれる最も多い趣味

記事を読む

趣味:映画鑑賞

映画鑑賞は空いた時間を利用して気軽に始められる趣味です。 映画館に足を運んで観る映画は

記事を読む

趣味:男の料理

近年は、一人暮らしの男性に限らず、定年後のシニア世代の方、また若い男性の間でも料理を趣味にしてい

記事を読む

趣味が見つからない人にはブログがおすすめ

世の中には多趣味な人もいれば特定の趣味がなかなか持てない人もいます。 そんな、趣味がな

記事を読む

趣味:楽器演奏

趣味にしたいけどなかなか手が出せない趣味。その代表的な趣味が楽器演奏だそうです。 趣味

記事を読む


PAGE TOP ↑