登録販売者試験

登録販売者試験

登録販売者とは?

登録販売者とは、2009年の薬事法の改正dで誕生した国家資格で、ドラッグストアや薬局などで、かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類医薬品に限る)を販売することができる医薬品販売の専門資格です。

登録販売者は、薬剤師がいなくても、一般用医薬品(第2類・第3類医薬品に限る)を販売することができます。

ドラッグストアや薬局などで販売される医薬品には、
要指導医薬品
一般用医薬品
があります。

さらに、一般用医薬品には、
第1類医薬品
第2類医薬品
第3類医薬品
があります。

登録販売者はこのうち一般用医薬品の第2類医薬品第3類医薬品が販売ができる医薬品販売の専門家のことです。

また。販売だけでなく医薬品を購入するお客様へ適切な情報提供、相談があった場合の対応も重要な仕事となっています。

陳列してある殆んどの医薬品(風邪薬や鎮痛剤などを含む)が第2・第3類医薬品に分類されますので、登録販売者は殆どの医薬品が販売できることになります。

要指導医薬品とは、リスクが高い劇薬や医療用から一般用になって間もないリスクが確定していない医薬品などが該当し、その取り扱いに十分注意しなければならないことから、文書で情報提供することや、薬剤師が対面で指導することが義務付けられています。そして、それに準ずる第1類医薬品も書面での情報提供や薬剤師が販売することが義務付けられています。尚、要指導医薬品は、インターネットでも購入不可です。

登録販売者の業務は資格を保有していないとできない独占業務にあたるため、一度取得すれば一生涯活かせますし、高齢化社会の影響でドラッグストアや薬局の店舗も増加中ですので今後も安定した求人・需要が見込まれます。

ドラッグストアや薬局では勿論、スーパーやコンビニなどでもニーズがありますので就職や転職にも有利な注目の資格です。

登録販売者になるには?

登録販売者になるには、都道府県で開催される試験に合格することが必要になります。

試験の出題範囲と出題数があらかじめ厚生労働省から示されており、これを基に各都道府県が出題を作成します。

登録販売者として働くには、勤務先の都道府県で販売従事登録を行う必要があります。

さらに、正式な登録販売者になるには実務経験2年以上が必要で、その証明として「実務(業務)従事証明書」を提出しなければなりません。

登録販売者試験

実務経験や年齢制限などの受験資格が必要なくなりましたので誰でも受験可能です。就職・転職のために受験するといった初心者でも目指しやすい資格です。

受験資格

以前は資格取得に実務経験が必要でしたが、2015年から年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できるようになりました。

試験日時・試験の方法

試験は都道府県ごとに実施。試験日も問題も都道府県ごとに異なります。複数都道府県でかけもち受験も可能です。

「登録販売者試験 ○○県」で検索すると試験情報について確認できます。

全体120問(試験時間4時間)択一式

試験項目
1.医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
2.人体の働きと医薬品(20問)
3.医薬品の適正使用・安全対策(20問)
4.主な医薬品とその作用(40問)
5.薬事関係法規・制度(20問)

出題範囲・問題数は全国共通ですが、地域によって午前・午後で出題内容が異なる場合があります。

合格基準・合格率

合格ラインは、正答率が70%以上です。

但し、各試験項目の点数が基準点以上であることが条件ですので弱点分野をなくすことが合格のコツです。

基準点は都道府県ごとに異なります。

合格率の全国平均は例年40~50%程度です。


関連記事

短期間で英語が話せるようになるための英会話スクール

ここでは、短期間で英語が話せるようになるための英会話スクールを紹介しています。 近くに

記事を読む

日本語教師

日本語教師とは、日本語が母国語ではない人々に、日本語をはじめ日本の文化や習慣を教える仕事です

記事を読む

転職や就職に有利な資格

資格が転職や就職に有利な理由 就職する時、転職する時、スキルの証明となるのが「経験」や「資格」

記事を読む

オンライン英会話

ここでは、英会話を学習するためのオンライン英会話スクールを紹介しています。 近くにスク

記事を読む

司法書士試験

司法書士の資格は、独立開業ができる資格として人気の高い資格です。勿論、企業でも重宝されており

記事を読む

介護福祉士試験

介護福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることで日常生活を営むの

記事を読む


PAGE TOP ↑