TOEICのスコアアップを目指す

TOEIC

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界約150カ国で実施されている世界共通のテストです。

TOEICテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。

このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれている点が大きな特長です。

これによりTOEICテストで、あなたの現在の英語能力を正確に把握したり、目標とするスコアを設定したりすることが可能になるのです。

TOEICは英検より求人数が多く、転職・就職に有利な資格です。

特に700点を超えると就職・転職の幅が広がります。

近年様々な企業が注目しており就職や転職だけでなく、昇格・昇給にも大変有利に働きます。TOEICスコアを管理職への昇進や海外赴任の条件とする企業が増えています。

TOEIC試験

TOEICテストは和文英訳、英文和訳などの技術ではなく、身近な内容からビジネスまで幅広くどれだけ英語でコミュニケーションできるかということを測ります。

受験資格

年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。

試験日時・試験の方法

TOEIC公開テストは年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国80都市で実施されます。 受験地ごとに実施回数が異なります。お申し込みの際はTOEIC公開テスト受験地別スケジュールをご確認ください。

参考:TOEIC 公式サイト

試験の内容

リスニングセクション(100問45分)とリーディングセクション(100問75分)に分けて実施されます。合計2時間。問題用紙は全て英語で印刷されており、解答方法の指示放送もすべて英語です。

リスニングセクション(45分間・100問)
会話やナレーションを聞いて設問に解答
Part1 写真描写問題 6問
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。回答時間は約5秒
Part2 応答問題 25問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。回答時間は約5秒
Part3 会話問題 39問
2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。 各会話には設問が3問ずつある。13セット(1会話3問が13セット)の最後の2~3セットには、問題用紙に印刷された図表を見て解答する問題がある。回答時間は8~12秒
Part4 説明文問題 30問
アナウンスやスピーチ、ナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各トーク(10回)には質問が3問ずつある。回答時間は8~12秒

 

リーディングセクション(75分間・100問)
印刷された問題を読んで設問に解答
Part5 短文穴埋め問題 30問
英文を読み、不完全な文章を完成させるために、空所に当てはまる語句を4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。1問15秒から30秒(目安)
Part6 長文穴埋め問題 16問
英文を読み、不完全な文章を完成させるために、空所に当てはまる語句を4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。長文4セットに各4問。1問30秒(目安)
Part7 長文読解問題 54問(1つの文書:29問、2つの文書:20問)
長文を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各文書には設問が数問ずつある。1問60秒(目安)

合格基準

各セクション495点で、合計990点満点。

最近の公開テストの平均スコアは、560~580点前後です。

TOEICスコアの目安

TOEICスコアの目安

400
日常会話においてもビジネスにおいても実質的には意思疎通が難しいレベル
400

500
簡単な質問や返答などをゆっくり会話することで最低限のコミュニケーションがとれるレベル。英検では3級程度。
500
~700
簡単な会話であれば相手とコミュニケーションがとれるレベル。転職や就職をする場合は600点が一つの目安。
700
~800
日常会話やビジネス上の会話を英語でやり取りできるレベル。英検2級~準1級レベル。転職や就職に有利になります。
800
~900
日常会話からビジネス上の会話や打ち合わせなどを英語でやり取りできるレベル。英検準1級レベル。転職や就職に相当有利になります。
900
日常会話からビジネス上の会話や打ち合わせなどを殆ど支障なくコミュニケーションが取れるレベル。英検1級レベル。

TOEICの点数を劇的に上げる

リクルートのスタディサプリENGLISHのTOEIC®対策は、日々の担当コーチのサポートで、最短距離での過去最高スコアを実現可能です。

コミュニケーション能力を身につけたいならオンライン英会話

短期間で英会話をマスターしたいなら英会話スクール

フィリピン語学留学で英会話を学ぶ


関連記事

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験は、高度IT人材として、プロジェクト計画の立案、計画した予算、納期

記事を読む

日本語教師

日本語教師とは、日本語が母国語ではない人々に、日本語をはじめ日本の文化や習慣を教える仕事です

記事を読む

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、今でも就職や転職に有利な資格ですが、これからの時代もAIの発達とともに

記事を読む

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

ネットワークスペシャリスト試験とは、情報に関する国家資格の一つで、高度IT人材として、ネット

記事を読む

不動産鑑定士試験

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値に

記事を読む

ITパスポート試験(IP)

ITパスポート試験(通称 iパス)は、国家資格である情報処理技術者試験の中でもっとも基礎的な資格とな

記事を読む


PAGE TOP ↑