就職・転職に有利な資格

就職や転職に有利な資格

資格を保有するメリット

就職する時、転職する時、スキルの証明となるのが「経験」や「資格」です。

経験と資格の両方があれば就職や転職に最も有利であることは言うまでもありませんが、経験があっても無くても、役に立つのが資格です。

いくら経験があって社内で仕事ができると評価されていても、転職活動で一歩外に出ればそんなことは誰も知りません。ヘッドハンティングされるほど名前を轟かせているのであれば話は別ですが、就職や転職を有利に運ぶには自分のスキルを証明することが最も重要なことになります。その点、資格は頼りになる武器になります。

経験がなく、つまり、違う業種に就職や転職をしたいと考えている場合は逆に資格くらい保有していなければ相手にされないことも少なくありません。

資格は、知識やスキルの習熟度を示すものですので間違いなく武器になります。採用担当者は短い面接の時間に応募履歴書にさっと目を通すだけです。そこに記載された資格は知識やスキルをある程度証明してくれますし、強く印象を与えることが可能になります。

中には資格保有者を最優先に採用するところもあります。

また、採用担当者は、保有している資格を評価するだけでなく、資格を取得したあなたの人間性も評価します。目的に向かって物事を遂行する姿勢・能力は社会人に求められる姿勢・能力の一つです。

独立も可能な資格は、就職・転職する際も有利であることは言うまでもありませんが、それ以外でも持っていると就職や転職に役立つ資格はいくつもあります。

ここでは、就職・転職に有利な資格として特に時代のニーズにマッチし、現実的に需要が多く社会的評価が高いものを中心に選定しています。

自己啓発や趣味の一環として目指す資格としてもおすすめです。

就職・転職に有利な資格

資格 仕事の内容
宅地建物取引士 宅地建物取引業者は宅地建物取引業法の規定により従業員5人に1人の割合で、成年者である専任の宅地建物取引士を置くことが義務づけられているため不動産の取引を行う事業者は常に人材を欲している状況です。
測量士・測量士補 測量士は、建設・土木工事を行う土地について、位置や高さ、長さ、距離、面積などを測量します。測量士・測量士補は、測量業者に配置が義務づけられている国家資格ですので関連会社からのニーズがあり、就職や転職には有利な資格になります。
日本語教師 日本語教師とは、日本語が母国語ではない人々に、日本語をはじめ日本の文化や習慣を教える仕事です。日本語教師になるために比較が必須ではありませんが、就職・転職する場合などは、日本語教育能力検定試験に合格するなどが求められます。
ファイナンシャル
プランナー
顧客が望むライフプランを実現するための貯蓄・投資・保険・税金など、総合的な資産設計を行う仕事です。金融業界や不動産業界などでは、就職・転職に有利な資格となります。1級を持つと独立して起業することも可能になってきます。
診療報酬請求
事務能力認定試験
医療事務に関する資格で唯一厚生労働省から認可されている資格で最も社会的評価の高い資格とされています。医療事務とは医療関係施設の事務職としての就職・転職・再就職に役立つ、女性に人気の資格です。医療関係の事務職は、年齢や経験を問わず、また特に資格がなくても就業することが可能ですが資格があると断然有利になります。
TOEIC TOEICテストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。近年様々な企業が注目しており就職や転職のみならず昇格・昇給にも大変有利に働きます。企業の中には、昇格や昇給の条件にTOEIC700点以上といった基準を設けているところもあります。
MOS MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)は、仕事を行う上で欠かすこのできないワードやエクセル、パワーポイントなどオフィスソフトの利用スキルが国際的に証明できる資格です。IT業界は勿論、様々な職種でも就職・転職に有利になります。エクセルとワードについては、一般レベルのスペシャリストと、上級レベルのエキスパートの2種類があります。
日商簿記検定 日商簿記検定とは、日本商工会議所が主催する検定するものです。簿記の検定試験で最も規模が大きく有名な検定試験です。1級・2級・3級・初級があり、2級以上就職・転職に有利となり、1級を取得すれば、税理士の受験資格が得られます。
介護福祉士 高齢化社会に伴い、需要の増加が見込まれます。受験資格の要件は厳しいものの資格を取得すれば、職に困ることはないでしょう。2016年4月1日以降に養成施設を卒業して資格を取得する方も、介護福祉士国家試験の受験が必要になりました。
登録販売者 2009年の薬事法の改正により、登録販売者の資格保持者がいれば、薬剤師がいなくても一部を除く一般用医薬品を販売することができるようになりました。ドラッグストアや薬局などで販売される医薬品の殆どは、登録販売者が販売できます。
情報処理
技術者試験
情報処理技術者試験は、IT社会の中で重宝される資格です。技術者の転職はほかの職種の転職と比較して有利ですが、特に応用情報技術者以上の資格取得者は、就職・転職にもより有利に働き、好待遇で迎えらる可能性が高くなります。IT業界を目指す人にとっては必須の資格となります。
情報処理安全
確保支援士
従来の情報処理技術者試験の情報セキュリティスペシャリスト試験を廃止し、別制度として新設された試験です。サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大し、情報セキュリティの重要性が高まっている中、人材確保のために新たに新設された資格で、一般的に登録セキスペと言われています。人材不足で需要が拡大しています。

その他、就職・転職に有利な資格

その他にも
・住宅メーカーや家具メーカーでは、インテリアコーディネーター
・飲食業界では調理師
・ガソリンや化学薬品など危険物を取り扱うことができる危険物取扱者
・建設業界では、建築士、施工管理技士
なども就職や転職に有利になる資格です。





PAGE TOP ↑