定年退職後におすすめの副業

定年退職後の副業

老後の生活に不安を抱えている人は多いと思います。

実際、様々な調査でも定年退職後の生活には殆んどの人が何らかの不安をかかえており、その中でも老後の生活費に不安をかかえている人が多いという調査結果が出ています。

現在予想されている将来の公的年金の支給額を見て大丈夫と思っている人も今後年金支給額が減少していくことを考えると安心できません。

だからといって働きたいと考えても、一般的には、スーパーのレジ打ちやビルの清掃、マンションの管理人、駐車場の交通整理、警備員などの募集がメインです。

・希望する仕事・職種がない
・体力に自信がない
・精神的に厳しい
・若い人に交じって働くのに抵抗がある
・子供ほど年が離れた人に使われたくない
といった理由で働くことを躊躇する場合もあることも予測できます。

実際問題、定年まで勤め上げた後に希望しない仕事をしたり、汗水流して仕事をしたり、年下に使われてまで働きたくないというのはみんなが思う本音です。

そこで、趣味ックスでは、定年退職後の生活費は年金では少し不足するという方に定年後に副業をすることを一つの選択肢として提案したいと思います。

定年退職までの準備が重要

何事も計画立てて準備することが重要です。

定年を迎えて慌てて何かを始めようと思ってもなかなか事は進みません。希望するような仕事がない、とか、若い時のように体力や知力、行動力がない、といったことに後になって気づいても後の祭りです。

現在の一般企業の定年は60歳から65歳です。少なくとも2~3年前から、始めたい副業によっては、5年以上前から定年後の準備を始めるようにしたいものです。

定年退職後におすすめの副業

ブログ・アフィリエイト

ブログを書きながらアフィリエイトやGoogleアドセンスを活用して収入を得ることができます。特に好きなブログを書きながら報酬が得られるクリック報酬型のGoogleアドセンスを利用したブログ書きがおすすすめです。

参考:Googleアドセンスとは

IT関連の仕事に従事していた方は、そのセンスや技術、論理的思考を活かしてアフィリエイトで大きな収入を得るチャンスもありますが、アフィリエイトは初心者が参入して簡単に稼げる時代ではなくなりました。

勿論、やる気次第では大きな収入を得るチャンスはあります。

ブログやアフィリエイトは、パソコンとインターネット環境があればすぐに始められます。アフィリエイトで稼げる金額はそれこそピンキリですが、Googleアドセンスを活用すれば月額2~3万円の収入はそんなに難しくはありません。

また、定年後の副業としてブログやアフィリエイトをおすすめする理由はボケ防止という効果もあります。記事のネタと構成を考え、キーボードを使って文字を入力、正しい漢字や言い回しの調整といった作業は脳を健康に保つためにもおすすめです。

資格を取得して自営業を始める

定年を迎える数年前から計画立てて資格をゲットすることができれば、定年後から自営業に転身することも可能です。

今更、資格を取って定年後に仕事をしても、と考えるのは古い考え方です。人生100年時代と言われる現代は定年退職後も20年ほど働ける時代になりました。

定年退職(老後)の資格としては、
・FP(ファイナンシャルプランナー)
・中小企業診断士
・行政書士
・宅建士
などの国家資格がおすすめです。勿論、司法書士や税理士、不動産鑑定士といった難関資格であれば独立もよりしやすくなります。

できれば自分のこれまでの仕事(経験)と関連するものがおすすめです。資格と経験で相乗効果が狙え、仕事を依頼する側からしても信用度が増します。

また、
・カイロドクター
・心理カウンセラー
・リフレクソロジスト
などは、営業のセンスが問われますが、技術力やコミュニケーション能力が高ければ定年退職後も開業して独立が目指せる資格です。実際、多くの人がこれらの資格を取得して定年後に独立・開業を果たしています。

いずれにしても定年後におすすめの資格は、やはり独立も可能な資格となります。

サラリーマンの時に起業して失敗すると後戻りができないリスクがありますが、定年後にプチ起業をして副業として取り組めばリスクが極端に減るという意味でもおすすめです。

クラウドソーシングに登録して得意分野で副業

クラウドソーシングとは、ネット上で不特定多数の人に仕事を依頼し、それを受注して業務を完了することで報酬が得られる新しいビジネス形態のことです。

パソコンとインターネット環境があれば年齢・経験を問わず誰でも始められます。

・ホームページの作成
・アプリの制作
・プログラミング
といった専門性の高い仕事から、
・記事の作成
・データ入力
・アンケートへの回答
といった初心者でもできる仕事がありますが、できるだけ高単価で副業として長く続けたい場合は、専門性の高い仕事を目指すことをおすすめします。

資格を取得すれば、その専門性を活かしてクラウドソーシングで仕事を受注できる可能性も広がります。

どういった仕事があるかは、パソコンでできる在宅ワークを参照して下さい。

家事代行で稼ぐ

家事代行は、家事全般が好きな、または、苦にならない関東地方にお住まいの女性の方におすすめの副業です。

家事代行とは、掃除や料理、整理収納といった家事を代行する仕事です。

おすすめする「イオングループが展開するカジタク」は、年齢や経験、資格といったものは必要なく、誰でも応募することができます(但し、定年は70歳)。

定年を迎えた女性・主婦の方だけでなく一般の主婦の方にも副業としておすすめです。

定年退職後におすすめの副業まとめ

以上、定年後におすすめの副業を紹介してきました。

定年後に副業を始めるには、定年前に計画、準備期間を設けることが重要です。

最後に定年後に行政書士として独立したケースをモデルケースとして紹介します。

57歳の時に資格取得を目標に受験勉強を開始。同時に行政書士の試験勉強に関するブログを立ち上げて試験勉強の日々を綴ります。

同じく行政書士を目指す人のブログ訪問で、ブログの広告収入が月に2万円ほどに。丁度、60歳で試験に合格して、無事、定年退職後に自営業として独立を果たします。

現在は、ネットを中心に営業活動し、ときどき仕事の依頼を受ける傍ら、受験者にアドバイスするホームページに切り替えてブログ収入をアップさせています。

自営業として独立して間もないので収入はブログの広告収入をあわせても10万円には満たないほどといいますが、自宅を事務所にして経費はほぼゼロですし、これから収入は徐々に伸びていくと予想されますので地方在住の副業としては成功だと言えます。

サラリーマンにおすすめの副業

主婦におすすめの副業



PAGE TOP ↑