システム監査技術者試験(AU)

システム監査技術者試験

システム監査技術者試験は、高度IT人材として、被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検、評価し改善を勧告することができるレベルであるかを問われる国家試験です。

試験のレベルは他の高度情報処理技術者試験と同じ最も難易度の高いスキルレベル4に相当しますが、特に、高度情報処理技術者試験の中でも、ITストラテジスト試験プロジェクトマネージャ試験と並んで最も難易度の高い情報処理技術者試験とされています。

ITストラテジスト同様、独立も可能ですが、実務では監査報告におけるコミュニケーションが不可欠なので、コミュニケーション能力も大切な要素になります。

システム監査技術者試験の役割

被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムを監査する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導します。

1.情報システムや組込みシステム及びそれらの企画・開発・運用・保守に関する幅広く深い知識に基づいて、情報システムや組込みシステムに関するリスクを分析し、必要なコントロールを理解する。

2. 情報システムや組込みシステムに関するコントロールを検証又は評価することによって、保証を与え、又は助言を行い、ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に寄与する。

3.2.を実践するための監査計画を立案し、監査を実施する。また、監査結果をトップマネジメント及び関係者に報告し、フォローアップする。

引用:情報処理推進機構:システム監査技術者試験

システム監査技術者試験

受験資格

年齢・性別・学歴に関係なく、誰でも受験できます。

以下のいずれかの場合、本人の申請によりその後2年間、午前Ⅰ試験が免除されます。

応用情報技術者試験に合格した者
②いずれかの高度試験に合格した者
③いずれかの高度試験の午前Ⅰで基準点以上の成績を得た者
情報処理安全確保支援士試験に合格した者
⑤情報処理安全確保支援士試験の午前Iに基準点以上を得た者

試験日時・試験の方法・試験の内容

受験(願書)の申し込みは例年1月の上旬から2月の上旬までに受付されます。

試験は、春期のみ、例年 4月の第3日曜日に実施されます。

午前Ⅰ試験 09:30-10:20(50分)

テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系から30問
※四肢択一問題30問×3点または4点で合計 100点

午前Ⅱ試験 10:50-11:30(40分)

システム監査技術者に必要な専門知識25問
※四肢択一問題25問×4点で合計 100点

・データベース
・ネットワーク
・セキュリティ
・システム開発技術
・サービスマネジメント
・システム監査
・経営戦略マネジメント
・企業活動
・法務
の9分野から出題

午後Ⅰ試験 12:30-14:00(90分)

※記述式4問中2問回答×50点で合計100点

午後Ⅱ試験 14:30-16:30(120分)

※論述式3問中1問回答×100点で合計100点

※午後Ⅱ:1問
※午後Ⅰ・Ⅱ試験(午後Ⅰ:記述式、午後Ⅱ:論述式)

<午後試験の出題範囲>

①情報システム・組込みシステム・通信ネットワークに関すること
②システム監査全般に関すること
③システム監査の計画・実施・報告に関すること
④システム監査関連法規に関すること

参考:情報処理技術者試験の過去問

合格基準

午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験
時間
50分 40分 90分 120分
出題
形式
多肢選択式
(四肢択一)
多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題
30問出題
30問回答
25問出題
25問回答
4問出題
2問回答
3問出題
1問回答
合格
基準
100点満点中
60点以上
100点満点中
60点以上
100点満点中
60点以上
ランクA
(合格水準に
ある者)

受験者の壁と言われているのが午後に実施される論述式試験ですので小論文の対策には重点を置きたいものです。

また、午前の試験には基準点があり、基準点を下回ると午後の採点を行わずに失格となるいわゆる足きりがあります。

合格率

システム監査技術者試験の合格率は近年は13~15%前後で推移しています。

合格率だけをみると、さほど難易度が高いようには感じませんが、業界内でも経験を積んだベテランが受験しますので、実質的な難易度は数字以上に高くなります。

合格発表は試験日より2ヶ月後に行われます。

受験料

平成30年は、5,700円

合格者の特典

システム監査技術者試験の合格者は、
・弁理士試験の科目免除
・中小企業診断士試験の科目免除
などのほか、警視庁特別捜査官の4級職(警部補)のコンピュータ犯罪捜査官の任用資格や日本システム監査人協会の公認システム監査人補の申請資格が与えられます。

また、システム監査技術者試験の合格者は特定非営利活動法人日本システム監査人協会(SAAJ)に登録申請のうえ、2年以上のシステム監査の実務経験を積むことで公認システム監査人(CSA)に認定されます。

さらに、システム監査技術者試験に合格した者又は午前Iに基準点以上を得た者はその後2年間、他の高度情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験の午前Iの科目免除が受けられます。




関連記事

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は、情報に関する国家資格の一つで、高度IT人材として、情報システムま

記事を読む

TOEIC

TOEIC(トーイック)とはTest of English for Internationa

記事を読む

AIの発達でなくなる仕事・職業

AIとはArtificail Inteligenceの略で直訳すると人工知能のことです。最近

記事を読む

不動産鑑定士試験

難易度:★★★★★★☆☆ 合格までの学習期間目安:2年~ 不動産鑑定士

記事を読む

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験は、高度IT人材として、プロジェクト計画の立案、計画した予算、納期

記事を読む

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大し、情報セキュリティの重要

記事を読む


PAGE TOP ↑