趣味:写真(カメラ)

趣味:写真(カメラ)

写真は、風景や人物、ペットなどをカメラで収める趣味です。

フィルムが主流だった昔は、フィルムの残数から写真を撮る枚数にも気を遣う必要がありましたし、撮ったフィルムは専門店に出して現像してもらう手間もありました。

しかし、デジタル技術が進化し、特にカメラの機能が備わったスマホを普通に持つようになってからはそういう手間は一切無くなり誰でもが簡単に気軽に写真を撮ることができるようになりました。

現像して紙で保管するというアナログなスタイルからインスタグラムに代表されるようにデジタルで保管できるようになったのも写真が身近になった一つの要因だと言えます。

趣味としての写真を楽しみ方

特に「写真を趣味」として楽しむためには、自分なりに目的を持つことがポイントになります。何かを記録したり写真を通して何かを伝えたりすることことが写真を楽しむコツになります。

・美しい風景を撮ってフォトコンテストに応募する
・1週間に1度子供の写真を撮って記録する
・Instagramに投稿して○○○万いいね!を獲得する
・好きなものを撮ってコレクションする
・料理を撮って記録する
などなど。

今まで一人旅ができなかった人の中にはカメラを片手にすることで一人旅を楽しめるようになったという人もいます。カメラを持つことで人からもよく話しかけられるようになったそうです。

コンテストなども頻繁に行われていますので、応募してみるのもモチベーションを上げるにはいいかもしれません。

登竜門のフォトコンテスト
カメラネットのフォトコンテスト

写真の始め方

写真を趣味としたい場合は、やはり、スマホのカメラ機能を使うのではなく専用のデジカメ、そしてある程度経験を積み重ねて知識が深まったら一眼レフカメラなどにシフトしていくと良いと思います。

一眼レフカメラとは、カメラに使われているレンズの数が1つで、本体の中に鏡(ミラー)を入れ、カメラ内部で光を反射(レフ)させることで、1つのレンズが撮影とファインダー(覗き窓)の役割を担うカメラです。

これに対してミラーレスとは、内部のミラーを無くした一眼カメラのことで一眼レフに比べ内部構造がシンプルなため、一般的に小型で軽量です。ミラーレスは一度デジタルに変換したものをモニターを通して見るため、実際の景色とモニターの像にタイムラグが生じるという直腸があります。

インスタグラムでもインスタグラム専用のカメラとして一眼レフやミラーレスを使っている人が4人に1人いると言われています。

明るさの調整ができない、ズームがうまくできない、撮影範囲が狭い、持ち辛いといったことが主な理由のようです。

写真は思っているより奥が深いもの。明るさや背景、アングル、構図など色んな要素が絡んでいるもの。奥が深いので上級者になると色々な写真が撮れるようになります。

花火と星空の写真

予算としては、デジタルカメラで2万円程度から、一眼レフカメラで5万円ほどからとなります。

週末は目的を定めてカメラ持参で車で出かけるのもいいかもしれません。





趣味一覧
趣味一覧

趣味一覧 当サイトでおすすめする趣味の一覧を掲載しています。

インドア派の趣味
インドア派の趣味

インドア派の趣味 インドア派におすすめの趣味の一覧です。

アウトドア派の趣味
アウトドア派の趣味

アウトドア派の趣味 アウトドア派におすすめの趣味の一覧です。

実益を兼ねた趣味
実益を兼ねた趣味

実益を兼ねた趣味 実益を兼ねた趣味の一覧です。

50代におすすめの趣味
50代におすすめの趣味

50代におすすめの趣味 定年退職を間近に控えた50代におすすめの趣味です。

60代におすすめの趣味
60代におすすめの趣味

60代におすすめの趣味 60代と言えば殆んどの人が定年を迎える歳です。

PAGE TOP ↑