社会保険労務士試験

社会保険労務士試験

社会保険労務士の資格は、独立開業が可能な資格として人気の高い資格です。

社会保険労務士とは社会保険労務士法に定義される資格者で、労働社会保険諸法令に基づく行政機関への提出書類の作成、申請書等の提出代行、年金や就業規則の相談、労務や社会保険に関するコンサルティングなどを行う専門家です。

社会保険労務士となった場合の進路は、一般企業の人事・総務部勤務、金融機関勤務、社労士事務所勤務、独立などが挙げられます。他の難関国家資格に比べ、企業勤務の割合が高いのが特徴です。

社会保険労務士になるには

社会保険労務士になるには、社会保険労務士試験に合格する必要があります。

合格後は、連合会に備える社会保険労務士名簿に登録(実務経験2年以上又は事務指定講習の修了が必要)することで社会保険労務士として活動することができます。

社会保険労務士試験

受験資格

受験資格は、
1.学歴
2.実務経験
3.その他の国家試験合格
の3つに分けられます。
詳細は下記サイトを参照して下さい。

参考: 社会保険労務士試験 オフィシャルサイ ト 受験資格

試験日時・試験の方法

毎年8月の第4日曜日または、第5日曜日
選択式試験 80分
択一式試験(5肢択一式) 210分

試験の内容

社会保険労務士試験では、以下の8つの法律科目と、関連する一般常識2つから出題されます。全科目から選択式、択一式の問題が出題されます。

科 目 選択式(配点) 択一式(配点)
労働基準法および労働安全衛生法 1問(5点) 10問(10点)
労働者災害補償保険法 1問(5点) 7問(7点)
雇用保険法 1問(5点) 7問(7点)
労働保険の保険料の徴収等に関する法律 6問(6点)
健康保険法 1問(5点) 10問(10点)
厚生年金保険法 1問(5点) 10問(10点)
国民年金法 1問(5点) 10問(10点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 1問(5点) 5問(5点)
社会保険に関する一般常識 1問(5点) 5問(5点)
合計 8問(40点) 70問(70点)

受験手数料:9,000円

社会保険労務士試験は、合格基準点以上を取れば順位に関係なく誰でも合格となります。

合格基準

合格ラインは、選択式の各科目で60%以上、択一式の各科目で40%以上、選択式と択一式それぞれの合計点で60~70%以上の正解率が目安です。

社会保険労務士試験の難易度・合格率

難易度:★★★★★☆☆☆
合格までの学習期間目安:8ヶ月~

社会保険労務士試験の合格率は例年6%前後です。

社会保険労務士試験の難易度は、応用情報技術者試験と同等と考えてよいでしょう。

社会保険労務士試験の過去問や合格体験記

社会保険労務士試験の過去問

参考:過去問ドットコム 社労士・・・社会保険労務士試験の過去問を無料で公開。

社会保険労務士試験の合格体験記

参考:社会保険労務士試験の合格体験記・・・合格するための秘訣は、失敗しやすい盲点を避けて進むこと。そのポイントをお教えします!

参考:社会保険労務士試験の合格体験記・・・僕は一応大卒ですが、お世辞にも勉強が得意ではなく、法律のこともチンプンカンプンでした。なので、通信教育を受講して勉強する事にしました。

社会保険労務士で独立・開業

参考:社会保険労務士開業のための絶対法則・・・社会保険労務士として独立開業した場合の仕事や年収、そして実際に生活していけるのかなど社会保険労務士として独立開業する場合に知りたいと思うような情報を余すことなく紹介。


関連記事

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験は、高度IT人材として、プロジェクト計画の立案、計画した予算、納期

記事を読む

オンライン英会話

近年グローバル化が進み、様々な国の人が一緒に働く際に共通言語として英語を使う場面も増えてきま

記事を読む

司法書士試験

司法書士の資格は、独立開業ができる資格として人気の高い資格です。勿論、企業でも重宝されており

記事を読む

趣味:資格取得

知的好奇心を追及することが好きな方、文化的な趣味が好きな方、何かに挑戦することが好きな方は、

記事を読む

ITコーディネータ(ITC)試験

ITコーディネータ(ITC)は、2001年に通商産業省(現・経済産業省)によって設けられた民

記事を読む

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験とは医療事務に関する能力認定試験です。 医療事務とは、医療

記事を読む


PAGE TOP ↑