測量士・測量士補試験

測量士・測量士補試験
測量士・測量士補は、どちらも測量法に基づく国家資格です。建設・土木工事を行う土地について、位置や高さ、長さ、距離、面積などを測量します。測量法に基づき、国土交通省国土地理院が所管しています。

測量士・測量士補は、日本において測量業者に配置が義務づけられている国家資格ですので関連会社からのニーズがあり、就職や転職には有利な資格になります。

また、独立できる資格としても紹介していますが、これは土地家屋調査士の資格と併用するという条件付きです。実際は、大手の建設会社やその下請けをしている測量事務所などからの依頼が殆んどなので、新参者がこの資格だけで独立するのはやや困難です。

測量士と測量士補の違いは、
測量士が、「測量に関する計画を作製、または実施をする」とされているのに対して、
測量士補は、「測量士の作製した計画にしたがい測量をする」とされています。

試験の難易度は測量士が測量士補より高くなりますが、最初から測量士の資格を受験する人が多く、測量業の現場でも測量士の方が多いとされています。

尚、測量士または測量士補の資格を有すると、土地家屋調査士の午前部の試験が免除されるため、測量士補を受験して土地家屋調査士を目指す方も少なくありません。

独立開業を目指すのであれば是非トライしてほしいコースです。

測量士・測量士補になるには

測量士補になるには、以下のいずれかを満たす必要があります。

1.文部科学大臣の認定学校で測量に関する科目を修め卒業
2.国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で1年以上、必要な専門知識および技能を修得
3.測量士補試験に合格

測量士になるには、以下のいずれかを満たす必要があります。

1.文部科学大臣の認定大学で測量に関する科目を修め卒業し、1年以上の実務経験
2.文部科学大臣の認定短期大学、高等専門学校で測量に関する科目を修め卒業、3年以上の実務経験
3.国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で1年以上、必要な専門知識および技能を修得、2年以上の実務経験
4.測量士補で、国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で必要な専門知識および技能を修得
5.測量士試験に合格

いずれかに該当した場合、登録して測量士・測量士補となることができます。

測量士・測量士補試験

受験資格

年令、性別、学歴、実務経験等に関係なく受験できます。

試験日時・試験の方法

例年5月第3日曜日(10時~16時まで:1時間休憩を挟む)

試験の内容

測量士補

出題数は計28問択一式
1.測量に関する法規
2.多角測量
3.汎地球測位システム測量
4.水準測量
5.地形測量
6.写真測量
7.地図編集
8.応用測量

測量士

午前の試験は、出題数は計28問択一式

1.測量に関する法規及びこれに関連する国際条約
2.多角測量
3.汎地球測位システム測量
4.水準測量
5.地形測量
6.写真測量
7.地図編集
8.応用測量
9.地理情報システム

午後の試験は、記述式(必須問題1題と選択問題4題)
※選択問題は、4題(基準点測量・地形・写真測量・地図編集・応用測量)のうち2題を受験者が任意に選択

受験料

測量士補:2,850円

測量士:4,250円

合格基準と合格率

測量士補試験は、1問当たり25点28問の700点満点中450点以上で合格

測量士試験は、午前の部で、1問当たり25点28問の700点満点中400点以上で、かつ700点満点の午後の部と合せて910点以上で合格

とされています。

測量士・測量士補試験の難易度・合格率

難易度:★★★~★★★★☆☆☆☆ 合格までの学習期間目安:3ヶ月~

合格率は、測量士補が受験者の20%前後が合格するのに対し、測量士の場合は10%前後にとどまります。

独立開業を目指すのであれば、測量士補試験 ⇒ 土地家屋調査士試験のW合格をおすすめします。


関連記事

システムアーキテクト試験(SA)

システムアーキテクト試験は、情報に関する国家資格の一つで、高度IT人材として、情報システムま

記事を読む

システム監査技術者試験(AU)

システム監査技術者試験は、高度IT人材として、被監査対象から独立した立場で、情報システムや組

記事を読む

税理士試験

独立開業が可能な資格として必ずあげられるのが税理士資格です。 税理士の業務は大きく分け

記事を読む

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、組込みシステム開発に関係する広い知識や技能を活用し

記事を読む

弁理士試験

弁理士は、弁理士法で規定された知的財産権に関する業務を行うための国家資格者です。 弁理

記事を読む

司法書士試験

司法書士の資格は、独立開業ができる資格として人気の高い資格です。勿論、企業でも重宝されており

記事を読む


PAGE TOP ↑