趣味:資格取得

趣味:資格取得

知的好奇心を追及することが好きな方、文化的な趣味が好きな方、何かに挑戦することが好きな方は、資格や検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。

資格取得は、趣味として単に楽しむために取り組むこともできますし、将来が見通せない現代における自己投資やリスク管理として、また実益を兼ねた趣味の一つとして本格的に取り組むこともできます。

自分が興味を持つ分野で知識を深める資格

自分が興味を持つ分野で知識を深める資格には、例えば、
・スキンケアスペシャリスト資格取得講座
・コーヒースペシャリスト資格取得講座
・紅茶アナリスト資格取得講座
・スーパーフードスペシャリスト資格取得講座
・日本酒スペシャリスト資格取得講座
など、様々な資格があります。

知識を深めることができる上、人とのコミュニケーションツールにもなります。

自己投資やリスク対策として本格的に取り組む資格

一方、将来のリスクの備える意味で自己投資として本格的な資格にチャレンジしようとする場合もあります。この場合は、現代においてはAI(人工知能)やロボット技術の発展により将来無くなる仕事というものも意識しなければならなくなりました。

数年前までは、将来は食いっぱぐれはないと言われてきた会計士や税理士などの専門的な資格も今や将来無くなる仕事の一つとして挙げられています。

参考:AIの発達でなくなる仕事・職業

実際、会計士や税理士として生き残る方法もあるかもしれませんが、仕事はより高度になり、これまでにも増して厳しい競争の中で必要以上に戦い続けていかなければならないのは容易に想像できる職業です。

目先の5年10年で仕事人生に終止符が打てる方であればこういった資格の取得もありですが、比較的若い世代の方で今後の仕事人生が長い方はAIやロボット技術の発展を無視した職業・資格選びはできません。

そういう意味において、これから職業や資格を選ぶ場合は、将来性のある職業・資格というものを念頭に置いて考えなければなりません。

将来性のある資格

そのような観点から考えると、介護福祉士や保育士、宅建士、カウンセラーやツアーガイド、通訳、コンサルタントなど人とのコミュニケーションが必要とされる職業や、調理師、医者、清掃業、整体業などロボットでもかなり複雑な作業を担わなければならないものは、しばらくは使える資格だと言えます。

介護福祉士

宅地建物取引士(宅建士)

オンライン英会話

さらに情報処理技術者などAI化の推進に絡んでくる資格などはこれから先も多くの需要が見込め、有望な資格としておすすめです。

情報処理技術者試験

独立・開業が可能な資格

いずれは、会社に依存するのではなく、独立して一国一城の主として働いてみたいと考えている方も多いと思います。

下記のサイトでは当分の間はAIに浸食されず、人生の途中からでも狙っていける独立可能な資格を提案しています。

独立開業が可能な資格





PAGE TOP ↑