フィリピン語学留学で英会話を学ぶ

フィリピン語学留学で英会話を学ぶ

英会話を学びたいという方にフィリピン語学留学という方法があります。

・英会話スクールやオンライン英会話では物足りない、挫折する
・TOEICのスコアを100点以上UPさせたい
・缶詰状態的に追い込んで英語を学習して英語を話せるようになりたい
・仕事で英会話が必須の場所に異動させられるので短期間で学習したい
・時間ができたので短期間で英会話スキルを身につけたい
・英会話のスキルを身につけて就職や転職に活かしたい
・第二の人生に語学留学を経験したい
・海外旅行を楽しむために英会話を習得したい
・移住やロングステイの準備として英語力をみにつけたい

といった方には、おすすめの学習スタイルです。留学を通して異国の分化や風習にも触れることができ、新しい出会いもあります。

フィリピン語学留学は、21世紀の新しい語学留学スタイルとして注目されており、利用者も年々急増しています。

何故フィリピン留学なのか

フィリピンは、世界第3位の英語公用国

フィリピンでは、小学校の授業は国語以外すべて英語で行われています。ハリウッド映画も字幕はなく、テレビやラジオ、新聞もすべて英語。あまり知られていませんが、フィリピンは、アメリカ、インドに次ぐ世界第3位の英語公用国なのです。

ビジネス英語能力の高い国としてフィリピンが最上位に入った年もあります。ちなみに日本はアジアで最下位あたりです。

物価が安い

テレビなどで放送されてご存じの方も多いと思いますが、フィリピンの物価は日本のおよそ3分の1とも5分の1とも言われています。

フィリピン人の平均賃金は、月額25,000円から50,000円ほどと日本人の10分の1程度。語学学校講師は、30,000円程度と言われています。衣食住も安いのですが、特に交通費がずば抜けて安いのが特徴です。

当然、英会話を学ぶコストも安くつきます。

オンライン英会話の講師も殆どがフィリピン人

この「英語公用国である」ということと「物価の安さ」を活かしたのが、スカイプを利用して英会話を学ぶオンライン英会話です。

オンライン英会話は、リーズナブルな料金でマンツーマンで英会話が学べるとあって人気のある学習スタイルです。その講師の殆どがフィリピンのコールセンターで待機するフィリピン人なのです。

フィリピン語学留学で英会話を学ぶ

フィリピン留学は、これらの利点を最大限に活かした語学留学です。

留学コストを驚くほど安く(米国留学のおよそ半額以下)抑えながら現地の人と直に接して英会話を学ぶことができます。

また、米国と比較して日本との距離が近いというのも人気の理由の一つです。

フィリピンの物価

フィリピン留学までの流れ

留学するまでのステップは、勿論留学をいきなり申し込むのではありません。

海外への留学ですので、気になることや心配なこと、確認したいことが色々とあると思います。まずは、資料請求、お問い合わせ、カウンセリングといったものから始まります。

費用については、留学する期間や留学の目的も異なるため、目的や希望のコースと相談しながら別途見積もることになります。

おすすめのフィリピン語学留学

ヒューマンアカデミーのフィリピン語学留学

一つ目のおすすめフィリピン語学留学は、海外留学のパイオニアとしても知られるヒューマンアカデミー主催のフィリピン語学留学です。

全国展開のヒューマンアカデミーなので住んでいる地域の近くでセミナー(説明会・カウンセリング)を受けることができます。

セミナーでは、フィリピンの生活環境やエリア選び、英語学校選びで気をつけること、コストなどを含め個人にあわせたフィリピン留学をプロデュースしてくれます。

まずは資料を請求してみましょう。

参考:ヒューマンアカデミーのフィリピン語学留学

NILSのフィリピン語学留学

もう一つのおすすめフィリピン語学留学は、NILSの語学留学です。フィリピンのセブ島にある語学学校NILSでは、格安で質の高いセブ留学環境を整えています。

下記の公式ページでもセブ島の魅力についても詳しく紹介してあり、ある程度セブ島での留学も想像がつきます。

様々なコースが分かりやすく紹介されていますので自分の希望や目的にあったコースを納得いくまでじっくり検討することができます。

勿論、分からないことはメールや電話で気軽に相談することも可能ですし、東京・大阪近郊にお住まいの方であれば参加費無料のセミナーも開催しています。また、遠方の方は、Skypeを利用したセミナーも実施しています。

参考:フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

参考:最短(短期間)で英語がはなせるようになる英会話スクール


関連記事

宅地建物取引士(宅建士)試験

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格です。 宅地建物取引業法に

記事を読む

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大し、情報セキュリティの重要

記事を読む

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験は、高度IT人材として、プロジェクト計画の立案、計画した予算、納期

記事を読む

測量士・測量士補試験

測量士・測量士補は、どちらも測量法に基づく国家資格です。建設・土木工事を行う土地について、位置や

記事を読む

転職や就職に有利な資格

資格が転職や就職に有利な理由 就職する時、転職する時、スキルの証明となるのが「経験」や「資格」

記事を読む

ITコーディネータ(ITC)試験

ITコーディネータ(ITC)は、2001年に通商産業省(現・経済産業省)によって設けられた民

記事を読む


PAGE TOP ↑