日本語教師

日本語教師

日本語教師とは、日本語が母国語ではない人々に、日本語をはじめ日本の文化や習慣を教える仕事です。自分の人生経験や知識・趣味などがそのまま教材になるので経験豊かな50代・60代などシニアの方にも人気があります。

就職・転職に有利な資格としてもおすすめです。

日本語教師の需要

ご存じのよう日本は少子高齢化社会に突入しています。少子化が進むと若者の労働力人口が減少し、経済の成長にも悪影響を与えてしまいます。

これに対して、日本政府も少子化対策として、子育て支援などで子供の数を増やすべく様々な対策を講じているものの、一方で、外国からの留学生や労働者を積極的に受け入れるようになってきています。

外国人の労働力に頼っていく時代がくるとなれば、当然、日本語教師への需要も多いに高まってくることが予想されます。

日本語教師は日本で働く外国人や研修生だけでなく、
・大学や専門学校に通う留学生
・日本人と結婚した人
・日本の分化に興味がある人
・外国人スポーツ選手
・地方自治体や民間ボランティア団体が実施する日本語教室
などにも需要があります。日本語だけでなくビジネスシーンや日常で想定される様々な会話やマナーなどを教えます。

日本語教師になるには

教師とはいえ、小学校、中学校、高校のように教員免許といった国家資格が必要な訳ではありませんが、日本語教育の専門性が求められることから、日本語指導についての知識や技術を身につけることは重要です。

このようなこともあり、就職・転職をする場合、殆んどの場合、文化庁が定める「日本語教員養成において必要とされる教育内容」の420時間の講座を修了するか、「日本語教育能力検定試験」に合格するかのどちらかが求められます。

特に、法務省告示の日本語教育機関(在留資格が付与される留学生を受けいれることが可能な日本語教育機関)で日本語教師として働くには以下の基準のいずれかを満たすことが要件とされています。

日本語教育能力検定試験に合格する
文化庁が認定した養成講座などで420時間以上の教育を受ける
大学・大学院で日本語教育について学ぶ

求人募集でもこの条件が挙げられる場合が多いと言われています。

日本語教育能力検定試験

この検定試験は国家資格や公的試験ではありませんが、日本語教師として働くための基礎的な資格として広く社会に認められています。

日本語教師を目指す方、またはすでに日本語教師として活動されている方を対象に、日本語教育の専門家としてのスキルが基礎的水準に達しているかを証明する資格です。

学歴や年齢等、受験資格に制限はなく誰でも受験できます。日本語教育能力検定試験の内容は以下の通りです。

参考:日本語教育能力検定試験

日本語教師養成の最大手とされるヒューマンアカデミーでは、「日本語教育能力検定試験」や「文化庁届出受理講座420時間カリキュラムに対応した講座」もあります。

参考:日本語教師養成講座

日本語教師は海外(特に中国やインドネシアなどアジア圏)からの需要も多く、上記ヒューマンアカデミーの講座修了生の就職率は国内外あわせて90%以上を誇ります。

人とのコミュニケーションが好きな人、外国人と接することや異文化交流に興味がある人、海外で暮らしてみたい方にはおすすめの資格です。

日本語教育能力検定試験の難易度

合格率は、25%前後。決してやさしい試験ではありません。


関連記事

フィリピン語学留学で英会話を学ぶ

英会話を学びたいという方にフィリピン語学留学という方法があります。 ・英会話スクールや

記事を読む

登録販売者試験

登録販売者とは? 2009年の薬事法の改正により、登録販売者の資格保持者がいれば、薬剤師がいな

記事を読む

社会保険労務士試験

社会保険労務士の資格は、独立開業が可能な資格として人気の高い資格です。 社会保険労務士

記事を読む

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

ネットワークスペシャリスト試験とは、情報に関する国家資格の一つで、高度IT人材として、ネット

記事を読む

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大し、情報セキュリティの重要

記事を読む

ITパスポート試験(IP)

ITパスポート試験(通称 iパス)は、国家資格である情報処理技術者試験の中でもっとも基礎的な資格とな

記事を読む


PAGE TOP ↑