ネットビジネスの種類

インターネットビジネスの種類

ネットビジネス(インターネットビジネス)の種類には様々なものがあります。

ここでは、これからでも収入が見込め、長く続けられるおすすめのインターネットビジネスを厳選して紹介しています。

ネットビジネスとは?

ネットビジネスとは文字通りインターネットを利用してできるビジネスです。

例えば、同じ洋服を販売するビジネスでもリアルに店舗を構えて販売するビジネスをリアルビジネスというのに対して、ネットで販売するとネットビジネスとなります。

ときどきネットワークビジネスと勘違いして怪しいと誤解する人がいますが、これは大きな間違いです。ネットワークビジネスとはアムウェイとかニュースキンとかいったビジネスでいわゆるインターネットビジネスとは別のビジネスです。

ネットビジネスのメリット

ネットビジネスの最も大きなメリットは、場所と時間を選ばずに好きな時間にできるということがあります。主婦であれば家事の合間に、サラリーマンであれば仕事の合間にできるため、副業としても取り組むことができます。

また、リアルに店舗を構える必要もないため初期投資も最小限で済みます。

ネットビジネスのメリット
・場所と時間を選ばずに好きな時間にできる
・初期投資が少なくてすむ
・時代にマッチしている
・煩わしい人間関係がない
・面倒な通勤もしなくてすむ

そして、以下の環境と技術があれば誰でもネットビジネスを始めることができます。

インターネットができる環境
※パソコンとインターネットに接続できる環境
※一部、携帯やスマホでも可能なビジネスもあります。

メールアドレス

文字を読み書き(入力)できる技術

つまり、パソコンとインターネットができる環境、それにメールアドレスがあって文字を読み書き(入力)できれば誰でもネットビジネスを始めることができます。

ネットビジネスを行うにあたって、意外にも専門的な知識や初期費用といったものは殆ど必要ありません。必要なものとして強いてあげるなら「やる気」と「忍耐」「継続力」といったところでしょうか。

やる気が必要なことは言うまでもありませんが、ネットビジネスの世界では、特に忍耐力と継続させる力が必要となります。誰でもが簡単に参入できるだけに競争も激しく、途中で辞めていく人も少なくないため、忍耐をもって継続することはそれだけでライバルに勝つことを意味しているためです。

途中で諦めて止める人が多い中、継続することは力で、積み重ねた努力はネット上に蓄積され、生き続けます。

一度仕組み作りをするとマンパワーは必要なくなり、制限なく稼ぐことも可能なのがネットビジネスのメリット(魅力)でもあります。

ネットビジネスの種類

現在、主流となっているネットビジネスには以下のようなものがあります。

情報販売やYoutuber、インスタグラマーなど規制が強化されているものやあまりおすすめできないものは省いています。

せどり(転売ビジネス)
オークション
ブログ(アドセンス)
アフィリエイト
ドロップシッピング
ネットショップ
在宅ワーク

どれもが古くからあるビジネスですが、今も存在しているだけに根強いビジネスと言えます。 これらの具体的な内容を簡単に説明すると以下の通りです。

せどり

せどりとは、新品や中古品の本や物品などを仕入れ、Amazonなどのサイトで自分が設定した値段で販売するビジネスのことです。チケットの転売でイメージが悪くなっていますが、いわゆる転売ビジネスのことです。

販売された金額から仕入れた金額を差し引いた額が利益となります。リサイクルショップや家電量販店を活用する人も増えています。レア物や限定版などを入手できれば大きな利益が期待できる一方で在庫リスクが伴います。

転売目的で古物を買い取る行為は古物営業に該当します。本格的に稼ぐ目的で古物を買い取る行為(売上金額などで判断)は、古物商許可を取得していないと無許可営業の罰則を受ける可能性があります。

オークション

オークションとは、自分のものや仕入れた商品をYahooオークションなどで出品し、落札された人にその商品を売ることをいいます。落札された金額から仕入れた金額を差し引いた額が利益となります。基本的にはせどりと同じです。

これもレア物や限定版などを入手できれば大きな利益が期待できる一方で在庫リスクが伴う場合があります。

せどり、転売ビジネスと同じに扱われることもあります。

ブログ(アドセンス)

Googleが提供する広告配信サービス(Googleアドセンス)を利用したブログ書きです。

Googleアドセンスに登録し、Googleアドセンスが用意したコードをブログの特定の箇所にコピーしておけば、Googleが訪問者に適した広告を自動的に表示してくれます。

ブログを書く人は広告のことを気にすることなく記事に専念できます。

ブログへの訪問者が広告をクリックをすると報酬が発生するクリック報酬型なので、訪問者に比例して必ず収入が発生します。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログやホームページなどインターネット上の様々な媒体で商品を紹介して、クリックされたり売上に繋がったら報酬がもらえるという広告ビジネスです。

アフィリエイトもそのやり方で、
サイトアフィリエイト
ブログアフィリエイト
PPCアフィリエイト
など様々な種類があります。グーグルアドセンスも広義ではアフィリエイトとして扱われる場合があります。詳細は下記を参照して下さい。

参考:アフィリエイトの種類

いずれのアフィリエイトも在庫リスクがなく、やり方次第で多くの収入が見込めますが、Google依存型のビジネスで収入の浮き沈みが激しいため飯のタネとしての専業のビジネスにするにはリスクが多いビジネスです。

あくまでも副業や趣味として取り組むことをおすすめします。

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、アフィリエイトとオンラインショップの特徴を組み合わせた仕組みです。ドロップシッピングのシステム提供者が、商品の仕入れや発送、代金の回収や決済システムの導入などの機能を提供し、オンラインショップ運営者はWebサイトで集客するだけで運営できます。

国内最大のドロップシッピングサービスをするもしもドロップシッピングは、40万点近くの商品を取り扱い、好きな商品をチョイスして販売することができ、商品が売れると5~20%がマージンとしてあなたの収入になります。

勿論、自分でネットショップを用意する必要はなく、手順に従って操作すれば自動的にショップが出来上がります。

参考:もしもドロップシッピング

ネットショップの運営

ネットショップとは、インターネットでショップを運営することです。EC(電子商取引)とも言われます。インターネットで販売したい物があるけどインターネットで販売する方法がわからない、またそのノウハウがないといった人が多くいらっしゃいます。

確かにネットショップを開設するためには、一昔前まではホームページを作成する費用やそのノウハウが必要でしたが、現在は、そういった知識が無くても無料でネットショップが開設可能になりました。

実際に店舗を運営している人がネット販売に参入したりネット販売だけを専門に行う人が急激に増加しています。

下記のサイト「BASE」は2年ほどで登録店舗数10万店を突破、50万人以上が利用する無料ネットショップサービスです。

参考:インターネットで無料でお店を持つ方法

在宅ワーク

広義では殆どのインターネットビジネスは在宅ワークに分類されますが、ここでいう「在宅ワーク」は、ほかのインターネットビジネスと区別して、各企業が運営する「在宅ワーク斡旋サイト」に登録して仕事を探したり斡旋してもらったりして仕事を請け負うワークスタイルと定義しています。

インターネット上で仕事を受発注することができるマーケットの仕組みで、クラウドソーシングとも言われています。

記事の作成やデータ入力、ロゴ作成、ホームページ作成など多種多様様々な仕事があり自由に選ぶ事ができるほか、自分のスキルや知識、経験など得意なことをネットで気軽に販売出来る「ココナラ」というサービスも注目を集めています。

参考: 在宅ワークの求人情報

ネットビジネスの種類 まとめ

ネットビジネスは必ずしも1つに絞る必要はありません。例えばアフィリエイトとパソコンによる在宅ワークを併用している人は少なくありません。

またアフィリエイトでもサイトアフィリエイトとブログアフィリエイト、Googleアドセンスを併用している人は非常に多いと言われています。

インターネットを使ったビジネスにはこれらの種類の他にも
・デジタルコンテンツの販売(情報販売)
・Youtuber
・インスタグラマー

などがありますが、これらは、今後規制が強化されたり、ネットビジネスとしてあまり現実的ではないため省略しました。






PAGE TOP ↑