ネットビジネスの種類

ネットビジネスの種類

ここではネットビジネスの種類について解説しています。

インターネットは、一瞬にして世界と繋がることができるツールです。インターネットが普及してから多くのビジネスモデルが生まれ多くのビジネス成功者が誕生しています。

現在でも様々なビジネスがありますが、インターネットを使ったネットビジネスは、世の中のあらゆるビジネスの中で最も稼ぎやすいビジネスの一つだと言うことができます。

ここでは、これから始めても収入が見込め、長く続けられるおすすめネットビジネスを厳選して紹介しています。

ネットビジネスとは?

ネットビジネスとは文字通りインターネットを利用してできるビジネスです。

例えば、同じ洋服を販売するビジネスでもリアルに店舗を構えて販売するビジネスをリアルビジネスというのに対して、ネットで販売するとネットビジネスとなります。

ときどきネットワークビジネスと混同する人がいますが、二つは全く異なります。

ネットワークビジネスとはアムウェイやニュースキンといった人と人の繋がり(ネットワーク)を利用して販売していくビジネスでネットビジネスとは全く別のビジネスです。

ネットビジネスのメリット

ネットビジネスの最も大きなメリットは、初期投資が少なくて済み、場所と時間を選ばずに好きな時間にできるという点があげられます。

主婦であれば家事の合間に、サラリーマンであれば帰宅後や休日、仕事の合間にできるため、副業としても取り組むことができます。

また、リアルに店舗を構える必要もないため初期投資も最小限で済みます。

ネットビジネスのメリット
・場所と時間を選ばずに好きな時間にできる
・初期投資が少なくてすむ
・時代にマッチしている
・煩わしい人間関係がない
・面倒な通勤もしなくてすむ

そして、以下の環境と技術があれば誰でもネットビジネスを始めることができます。

インターネットができる環境
※パソコンとインターネットに接続できる環境
※一部、携帯やスマホでも可能なビジネスもあります。

メールアドレス

文字を読み書き(入力)できる技術

つまり、パソコンとインターネットができる環境、それにメールアドレスがあって文字を読み書き(入力)できれば誰でもネットビジネスを始めることができます。

ネットビジネスを行うにあたって、意外にも専門的な知識や初期費用といったものは殆ど必要ありません。必要なものとして強いてあげるなら「やる気」と「忍耐」「継続力」といったところでしょうか。

やる気が必要なことは言うまでもありませんが、ネットビジネスの世界では、特に忍耐力と継続させる力が必要となります。

誰でもが簡単に参入できるだけに競争も激しく、途中で辞めていく人も少なくないため、忍耐をもって継続することはそれだけでライバルに勝つことを意味しているためです。

途中で諦めて止める人が多い中、継続することは力で、積み重ねた努力はネット上に蓄積され、生き続けます。

一度仕組み作りをするとマンパワーは必要なくなり、制限なく稼ぐことも可能なのがネットビジネスのメリット(魅力)でもあります。

ネットビジネスの種類

現在、主流となっているネットビジネスには以下のようなものがあります。

情報販売やYoutuber、インスタグラマーなど規制が強化されているものやあまりおすすめできないものは省いています。

せどり(転売ビジネス)
オークション
ブログ(アドセンス)
アフィリエイト
ドロップシッピング
ネットショップ
在宅ワーク(クラウドソーシング)
オリジナルのネットサービス

どれもが古くからあるビジネスですが、今も存在しているだけに根強いビジネスと言えます。 これらの具体的な内容を簡単に説明すると以下の通りです。

せどり(転売ビジネス)

せどりとは、新品や中古品の本や物品などを仕入れ、メルカリやAmazonなどのサイトで自分が設定した値段で販売するビジネスのことです。チケットの転売でイメージが悪くなっていますが、いわゆる転売ビジネスのことで列記としたビジネスです。

旧来からのビジネスモデルで、売る場がネット上になっただけなので、今後も長く続くビジネスだと思われます。

販売された金額から仕入れた金額を差し引いた額が利益となります。

リサイクルショップやディスカウントショップ、家電量販店、また近年は楽天市場やメルカリで安く仕入れてamazonなどで販売する手法が一般的になっています。

レア物や限定版などを入手できれば大きな利益が期待できる一方で、売れなければ在庫を抱えるという在庫リスクが伴います。

自分で使用する為に購入したが、必要なくなったので販売したといった場合ではなく、転売目的で古物を買い取る行為は古物営業に該当します。

本格的に稼ぐ目的で古物を買い取る行為(売上金額などで判断)は、古物商許可を取得していないと無許可営業の罰則を受ける可能性があります。

お勧め度:★★☆☆☆
稼げる度:★★☆☆☆~★★★☆☆

オークション

オークションとは、中古品や仕入れた商品をYahooオークションなどで出品し、落札された人にその商品を売ることをいいます。落札された金額から仕入れた金額を差し引いた額が利益となります。ビジネスモデルはせどり(転売ビジネス)と変わりません。

これもレア物や限定版などを入手できれば大きな利益が期待できる一方で在庫リスクが伴う場合があります。

せどり、転売ビジネスと同じに扱われることもあります。

お勧め度:★★☆☆☆
稼げる度:★★☆☆☆~★★★☆☆

ブログ(グーグルアドセンス)

Googleが提供する広告配信サービス(Googleアドセンス)を利用したブログ書きです。

アフィリエイトと異なり、ホームページに訪れてきた人が商品やサービスを購入しなくても広告をクリックした時点で報酬が発生するクリック報酬型の広告配信サービスです。

Googleアドセンスを行う場合はGoogleアドセンスに登録する必要があります。

登録には審査がありますが、審査に通過すればGoogleアドセンスが用意したコードをブログの特定の箇所にコピーして貼り付けることで、Googleが訪問者に適した広告を自動的に表示してくれます。

広告は、訪問者に適したものをGoogleが自動的に配信してくれますので、ブログを書く人は広告のことを気にすることなく記事に専念できます。

ブログへの訪問者が広告をクリックをすると報酬が発生するクリック報酬型なので、訪問者に比例して必ず収入が発生します。

参考:グーグルアドセンスの詳細

グーグルアドセンスもSEO対策が重要

アフィリエイトと同じく、集客数が収入と比例しますので、グーグルアドセンスもSEO対策が重要となります。中にはブログのランキングサイトに登録して集客を狙う人もいますが、安定した収入を目指す場合は、SEOによる集客がおすすめです。

特に月額100万円以上といった高額収入を狙う場合は、SEO対策は必須です。

但し、この場合は、アフィリエイト同様、Googleのアルゴリズム変更で収入がアップ・ダウンすることがあります。

グーグルアドセンスは、最も確実に稼げるネットビジネスですが、アフィリエイトのように爆発的に稼ぐのは困難です。

殆んどのアフィリエイターは、アフィリエイトとグーグルアドセンスを混在させたサイトやブログを構築しており、このパターンが最もおすすめです。

グーグルアドセンスは、1日のアクセス数が300程度で月額の収入が5,000円というのが一つの目安です。アクセス数が増えればそれに比例して収入がアップします。

お勧め度:★★★★☆
稼げる度:★★☆☆☆~★★★☆☆

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログやホームページなどインターネット上の様々な媒体で商品を紹介して、クリックされたり売上に繋がったら報酬がもらえるという広告ビジネスです。

アフィリエイトもそのやり方で、
サイトアフィリエイト
ブログアフィリエイト
PPCアフィリエイト
など様々な種類があります。

グーグルアドセンスも広義ではアフィリエイトとして扱われる場合があります。詳細は下記を参照して下さい。

参考:アフィリエイトの種類

SEO対策がアフィリエイターの仕事

アフィリエイターの最もスタンダードな集客のやり方は、特定のキーワードでGoogleやYahooの検索結果の上位に自分のサイトを表示させてサイト内に誘導するやり方です。

つまり、殆どのアフィリエイターは、自分の作成したホームページ(記事など)をGoogleなどの検索結果の上位に表示させること(SEO対策)を仕事としています。

月に数百万、場合によっては千万円単位で稼いでいるアフィリエイターの殆どは、このSEO対策に成功している人達なのです。

従って、アフィリエイトを始める場合は、サイトやブログを作って簡単に稼げるという誤った認識を解き、他者(他社)との厳しい競争になることを認識する必要があります。

Googleのアルゴリズム変更で収入アップ・ダウンのリスクも

GoogleやYahooにおける検索結果の順位はGoogleのアルゴリズムによって決定されます。このアルゴリズムは定期的に改善・変更され、それが及ぼす影響はアフィリエイターにとっては死活問題となることがあります。

昨日まで特定のキーワードで検索結果の3位に表示されていたものが、今日になって20位になったということはザラにあります。

収入は検索結果の順位にほぼ完全に比例しますので、先月100万円あった収入が今月は5万円ということもザラにありますが、逆に質の高いサイトであれば20位ほどから3位に浮上するといった逆のパターンもあります。

いずれにしても昔と違い質の低いサイトが上位に表示されることは殆どなくなりました。

事実、特定のキーワードで検索をかけた時にあるサイトが1年以上に渡って1ページ目に表示されるということは極めて稀なことです。

アフィリエイトへの参入者は多く、様々なところでSEOに関する講習会や勉強会も開催されていますので、競争相手も増えており、強者が多いのも事実です。

しかし、まだまだチャンスはあります。

例えば、「趣味」というキーワードで上位を狙っても強者がひしめいており、新しくはじめて検索結果の1ページ目に表示させるのは、ほぼ不可能と言えますが、「実益を兼ねた趣味」と範囲を狭めることで検索結果の上位に表示させることが比較的簡単になります。

「転職」というビッグワードも「ナースの転職」「40代のナースの転職」「○○地域の40代のナースの転職」といった具合にターゲットに絞り込むことで、検索ボリュームは減っていくもののニーズのあるワードであれば必ず訪問者を呼び込むことができます。

しかも、検索ワードが絞られるほど、訪問者の目的を叶えていることになり、商品やサービスを売り込むことにも成功しやすくなります。

このようにビッグワードではなくスモールワードから始めることはアフィリエイトとしては基本中の基本。スモールワードから徐々にGoogleの評価を勝ち取り、時間をかけてビッグワードでも挑戦することができるようになります。

強豪が多くて難易度も高く、Google依存でアップダウンのリスクも高いため、飯のタメとして専業ではじめるのはリスクが大きいのでおすすめしませんが、副業や趣味として取り組むのであれば大いに賛成です。

稼げない場合は全くと言っていいほど稼げませんが、成功すれば年収1億円も夢ではないのがアフィリエイトです。

ただ、2018年以降、アフィリエイトを取り巻く環境は厳しくなってきているのも事実です。Googleの検索結果でも個人のアフィリエイトサイトが上位に表示されにくくなってきており撤退する人も増えています。

このため、お勧め度をワンランク下げることにしました(2019年)。

お勧め度:★★☆☆☆
稼げる度:★☆☆☆☆~★★★★★

参考:ブログでアフィリエイトを始める

ネットショップの運営

ネットショップとは、インターネットでショップを運営することです。一般的にEC(電子商取引)とも言われます。

実際に店舗を運営している人がネット販売に参入したり、ネット販売だけを専門に行う人が急激に増加しています。

一方でインターネットで販売したい物があるけどインターネットで販売する方法がわからない、またそのノウハウがないといった人が多くいらっしゃいます。

ネットショップを開設するためには、自分でネットショップを準備するか、認知度の高い楽天市場やYahooショッピングなどに出店する方法が一般的ですが、費用もばかになりませんし、そのノウハウも必要になります。

特に、販売する商品の数が限られている、商品が手作り品であったり、ノウハウであったりと特殊であるといった場合は、ショッピングモールに出店するほどでもありおません。

現在は、そういったニーズに対応するサービスも増えてきています。

下記のページで紹介する「BASE」は2年ほどで登録店舗数10万店を突破、50万人以上が利用する無料ネットショップサービスです。

販売する商品がノウハウなどのデジタルコンテンツだったり、手作りの商品だったり、また、商品の数が少ない場合などに向いています。

参考:インターネットで無料でお店を持つ方法

また、販売する商品が手作りのアクセサリーであったり、家具だったりする場合は、minneというオンラインマーケットに出品するという方法もあります。

参考:minne

お勧め度:★★☆☆☆
稼げる度:★★☆☆☆~★★★★☆

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、アフィリエイトとオンラインショップの特徴を組み合わせた仕組みです。ドロップシッピングのシステム提供者が、商品の仕入れや発送、代金の回収や決済システムの導入などの機能を提供し、オンラインショップ運営者はWebサイトで集客するだけで運営できます。

国内最大のドロップシッピングサービスをするもしもドロップシッピングは、40万点近くの商品を取り扱い、好きな商品をチョイスして販売することができ、商品が売れると5~20%がマージンとしてあなたの収入になります。

勿論、自分でネットショップを用意する必要はなく、多彩な機能を揃えたネットショップ作成ツールを無料で提供されており、ショップの作り方から販売方法まで詳しく紹介されているので初心者の方でも簡単・安心にネットショップをオープンすることができます。

お勧め度:★★☆☆☆
稼げる度:★☆☆☆☆~★★★☆☆

在宅ワーク(クラウドソーシング)

広義では殆どのインターネットビジネスは在宅ワークに分類されますが、ここでいう「在宅ワーク」は、ほかのインターネットビジネスと区別して、各企業が運営する「在宅ワーク斡旋サイト」に登録して仕事を探したり斡旋してもらったりして仕事を請け負うワークスタイルと定義しています。

インターネット上で仕事を受発注することができるマーケットの仕組みで、クラウドソーシングとも言われています。

クラウドソーシングとは、クライアントとなる企業(または個人)からインターネット上で仕事を受注して報酬を得るという、ネット時代の新たな働き方です。

記事の作成やデータ入力、ロゴ作成、ホームページ作成、プログラミングなど多種多様様々な仕事があり自由に選ぶ事ができるほか、自分のスキルや知識、経験など得意なことをネットで気軽に販売出来る「ココナラ」というサービスも注目を集めています。

参考: パソコンを使った在宅ワーク

お勧め度:★★☆☆☆
稼げる度:★☆☆☆☆~★★★☆☆

何事も慣れですので要領を掴んでフルタイムで取り組めるようになれば信頼を得て単価も上がり月額10~30万円以上の収入も可能になりますが、効率よく収入を得たい場合は、やはり、より専門的で高度な仕事を受注できるようになることが先決です。

例えば、少し時間と費用はかかりますが、ホームページやプログラミンの学習に自己投資してスキルを上げたのちにより高度な仕事を受注していくといったやり方もあります。

回り道のように感じて抵抗がありますが、こちらの方が先行投資した費用分を回収して一定の収入を得るようになるまでが速いためおすすめです。

参考: 初心者でもWEBデザインで副業する手順

お勧め度:★★★☆☆
稼げる度:★★★☆☆~★★★★☆

オリジナルのネットサービス

アフィリエイトビジネスが難しくなってきたことに伴い、ビジネスの転換を迫られる人が増えていますが、やはり、自分独自のサービスを提供するビジネスを構築することが最もおすすめです。

そのネタは自分で考える必要がありますが、ネットサーフィンでヒントとなるものを見つけることができるかもしれません。

例えば、Kindleでの電子出版が流行っていますが、意外と手間がかかることを代行して収入をあげて要る人がいます。

このように、ニーズを見つけてビジネスに結び付けることで、多少のライバルがいてもビジネスとして成立させることができるようになるかもしれません。

まずはネタ探しから始めましょう。

お勧め度:★★★★★
稼げる度:★★★☆☆~★★★★★

ネットビジネスの種類 まとめ

ネットで稼ぐのは簡単という訳ではありませんが、とはいえ、最初の一歩を踏み出してみないと、なにも始まりません。

ネットビジネスは必ずしも1つに絞る必要はありません。例えばアフィリエイトとパソコンによる在宅ワークを併用している人は少なくありません。

またアフィリエイトでもサイトアフィリエイトとブログアフィリエイト、Googleアドセンスを併用している人は非常に多いと言われています。

インターネットを使ったビジネスにはこれらの種類の他にも
・デジタルコンテンツの販売(情報販売)
・Youtuber
・インスタグラマー

などがありますが、これらは、今後規制が強化されたり、ネットビジネスとしてあまり現実的ではないため省略しました。



PAGE TOP ↑