マンション管理士試験

マンション管理士試験

マンション管理士は、マンションの維持・管理に関するコンサルタントに必要とされる一定の専門知識を有している事を証明する国家資格です。通称、マン管と呼ばれています。

現在、日本国内には600万戸以上のマンションがあり、そこで1500万人以上ほどが暮らしていると言われています。

マンション管理士は、マンションの住民間で発生するさまざまなトラブルに対して住民の立場で相談に乗り、解決に導くためアドバイスを行います。マンションの増加とそれに伴う住民間の様々なトラブルを解決すべくマンション管理士の需要は増々高まっています。

主な就職・転職先は、マンション管理会社ですが、不動産関係の企業からも需要があります。このため、宅建士や管理業務主任者の資格とW取得している人が多く、50代、60代のシニア世代で取得したい資格としても上位にランキングされる人気資格です。

また、組合員や理事会の役員がマンション管理士の資格を取得することで、管理会社との交渉やマンションの修繕を請け負う業者との交渉を、より有利に進めることができるようになります。

マンション管理士になるには

マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。

尚、試験合格後に登録しなければマンション管理士や類似する名称を名乗ることはできません(名称独占資格)が、そのような名称を名乗らなければ、誰でもマンションの維持・管理に関するコンサルタントを行うことができますので、独占業務がありません。

あくまでもライセンス取得による知識・能力の認定資格になります。

マンション管理士試験

マンション管理士試験は平成13年に創設された比較的歴史の浅い試験です。

宅建士などと比べるとメジャーな試験ではありませんが、難易度も高く時間をかけて学習しないと合格できません。そのため業界ではステイタスの高い国家資格です。

受験資格

年齢・性別・学歴に関係なく、誰でも受験できます。

試験日時・試験の方法

例年9月上旬から10月下旬に申し込み、11月の最終日曜日に試験が行われます。

四肢択一式のマークシート方式です。

尚、管理業務主任者試験の合格者は、マンション管理適正化法5問が免除されます。

受験地

試験地は、札幌市・仙台市・東京都・名古屋市・大阪市・広島市・福岡市・那覇市といった場所に限定されています。

試験の内容

マンション管理に関する法令及び実務に関すること
・建物の区分所有等に関する法律
・民法
・建築基準法
・不動産登記法
・都市計画法
・消防法
・住宅の品質確保の促進等に関する法律
・被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
・マンションの建替え円滑化等に関する法律
・マンション標準管理規約
・マンション標準管理委託契約書
・マンションの管理に関するその他の法律

管理組合の運営の円滑化に関すること
・管理組合の組織と運営
・管理組合の業務と役割
・管理組合の苦情対応と対策
・管理組合の訴訟と判例
・管理組合の会計等

マンションの建物及び附属施設の形質及び構造に関すること
・マンションの構造・設備
・長期修繕計画
・建物設備の診断
・大規模修繕等

マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
・マンションの管理の適正化の推進に関する法律
・マンション管理適正化指針等

合格率・合格ライン

例年8~9%で推移しています。

合格ラインは35点前後(毎年異なります)




関連記事

ファイナンシャルプランナー試験

ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客からの相談を受け、収入と支出、負債や保険などのデー

記事を読む

フィリピン語学留学で英会話を学ぶ

英会話を学びたいという方にフィリピン語学留学という方法があります。 ・英会話スクールや

記事を読む

宅地建物取引士(宅建士)試験

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格です。 宅地建物取引業法に

記事を読む

税理士試験

難易度:★★★★★★☆☆ 合格までの学習期間目安:2年~ 独立開業が可

記事を読む

AIの発達でなくなる仕事・職業

AIとはArtificail Inteligenceの略で直訳すると人工知能のことです。最近

記事を読む

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大し、情報セキュリティの重要

記事を読む


PAGE TOP ↑