ITストラテジスト試験(ST)

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、高度IT人材として確立した専門分野をもち、高度なIT技術を活用して企業のシステム戦略、経営戦略を統括・推進できるレベルであるかを問われる国家試験です。ITと経営の知識を兼ね備えたコンサルタントを目指す方に最適です。

ITストラテジスト試験は、旧情報処理技術者試験のシステムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験を統合して創設された情報処理技術者試験です。

試験のレベルは他の高度情報処理技術者試験と同じ最も難易度の高いスキルレベル4に相当しますが、その中でも最高峰の試験と捉えられることが多い試験です。

コンサルティング会社へ就職や転職が有利になるほか、コンサルタントとして独立し、高い収入を得ることも可能です。

ITストラテジスト試験の役割

高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者。

また、組込みシステムの企画及び開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する者を想定し試験が実施され ます。

ITストラテジストの役割と業務は、情報技術を活用した事業革新、業務改革、革新的製品・サービス開発を企画・推進又は支援する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導します。

1.業種ごとの事業特性を踏まえて、経営戦略の実現に向けた情報技術を活用した事業戦略を策定し、実施結果を評価する。

2.業種ごとの事業特性を踏まえて、事業戦略の実現に向けた情報システム戦略と全体システム化計画を策定し、実施結果を評価する。

3.情報システム戦略の実現に向けて、個別システム化構想・計画を策定し、実施結果を評価する。

4.情報システム戦略の実現に向けて、事業ごとの前提や制約を考慮して、複数の個別案件からなる改革プログラムの実行を管理する。

5.組込みシステムの開発戦略を策定するとともに、開発・製造・保守などにわたるライフサイクルを統括する。

引用:情報処理推進機構:ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験

受験資格

年齢・性別・学歴に関係なく、誰でも受験できます。

以下のいずれかの場合、本人の申請によりその後2年間、午前Ⅰ試験が免除されます。

応用情報技術者試験に合格した者
②いずれかの高度試験に合格した者
③いずれかの高度試験の午前Ⅰで基準点以上の成績を得た者
情報処理安全確保支援士試験に合格した者
⑤情報処理安全確保支援士試験の午前Iに基準点以上を得た者

試験日時・試験の方法・試験の内容

受験(願書)の申し込みは例年7月の上旬から8月の上旬までに受付されます。

試験は、秋期のみ。例年 10月の第3日曜日に実施されます。

午前Ⅰ試験 09:30-10:20(50分)

テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系から30問
※四肢択一問題30問×3点または4点で合計 100点

午前Ⅱ試験 10:50-11:30(40分)

テクノロジ系、ITストラテジ系から25問
※四肢択一問題25問×4点で合計 100点

・セキュリティ
・システム戦略
・システム企画
・経営戦略マネジメント
・技術戦略マネジメント
・ビジネスインダストリ
・企業活動
・法務
の8分野から出題

午後Ⅰ試験 12:30-14:00(90分)

※記述式4問中2問回答×50点で合計100点

午後Ⅱ試験 14:30-16:30(120分)

※論述式3問中1問回答×100点で合計100点

※午後Ⅱ:1問
※午後Ⅰ・Ⅱ試験(午後Ⅰ:記述式、午後Ⅱ:論述式)

<午後試験の出題範囲>

①業種ごとの事業特性を反映し情報技術を活用した事業戦略の策定または支援に関すること
②業種ごとの事業特性を反映した情報システム戦略と全体システム化計画の策定に関すること
③業種ごとの事業特性を反映した個別システム化構想・計画の策定に関すること
④事業ごとの前提や制約を考慮した情報システム戦略の実行管理と評価に関すること
⑤組込みシステムの企画、開発計画の策定・推進に関すること

参考:情報処理技術者試験の過去問

合格基準

午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験
時間
50分 40分 90分 120分
出題
形式
多肢選択式
(四肢択一)
多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題
30問出題
30問回答
25問出題
25問回答
4問出題
2問回答
3問出題
1問回答
合格
基準
100点満点中
60点以上
 100点満点中
60点以上
 100点満点中
60点以上
ランクA
(合格水準に
ある者)

合格率

ITストラテジスト試験の合格率は15%前後です。

合格率だけをみると、さほど難易度が高いようには感じませんが、業界内でも経験を積んだベテランが受験しますので、実質的な難易度は数字以上に高くなります。

ネットでは未経験の者が数十時間で合格したとするブログも見られますが、真に受けないことです。

合格発表は試験実施日の2ヶ月後です。

受験料

平成30年は、5,700円

合格者の特典

ITストラテジスト試験の合格者は、
・弁理士試験の科目免除
・中小企業診断士試験の科目免除
などのほか、省庁・官庁での階級評価試験として認知されており、国家公務員総合職採用試験、公認会計士試験、税理士試験などとともに最難関の試験として評価することが多いとされています。

また、ITストラテジスト試験に合格した者又は午前Iに基準点以上を得た者はその後2年間、他の高度情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験の午前Iの科目免除が受けられます。




関連記事

中小企業診断士試験

難易度:★★★★★★☆☆ 合格までの学習期間目安:1年~ 中小企業診断

記事を読む

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験とは医療事務に関する能力認定試験です。 医療事務とは、医療

記事を読む

趣味:資格取得

知的好奇心を追及することが好きな方、文化的な趣味が好きな方、何かに挑戦することが好きな方は、

記事を読む

フィリピン語学留学で英会話を学ぶ

英会話を学びたいという方にフィリピン語学留学という方法があります。 ・英会話スクールや

記事を読む

司法書士試験

難易度:★★★★★★★☆ 合格までの学習期間目安:2年~ 司法書士の資

記事を読む

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験は、高度IT人材として、プロジェクト計画の立案、計画した予算、納期

記事を読む


PAGE TOP ↑