ドメインとカラフルボックスのサーバーを関連付ける手順

ドメインとカラフルボックスのサーバーを関連付ける手順

ドメインを取得し、サーバーをレンタルするところまで終わりました。

しかし、現時点では、ドメインとサーバーが関連付けされていません。

ここでは、ドメインとサーバーを一体的に機能させるために、ドメインとカラフルボックスでレンタルしたサーバーを関連づけします。

ドメインとサーバーの関係

ドメインとサーバーを関連づけるイメージを理解してもらう為に専門用語や細かいことは省きわかりやすく簡単に説明します。

ドメインは、インターネット上の単なる住所・名前(URL)です。

住所・名前を登録しただけでは、インターネットでドメインを入力したとき、どのサーバーを見に行ったらいいかはわかりません。

そこで、ドメインを入力した場合にどのサーバーを見に行ったらいいかを予め知らせておく(設定しておく)必要があります

そして、ドメインが指定された場合にどのサーバーを見に行ったらいいかを管理しているのが「ネームサーバー」というものです。

ドメインA(例えば、https://syumix.com/)と入力すると、ドメインA(https://syumix.com/)はネームサーバーに「自分はどのサーバーを見に行ったらいいか」を必ず聞きに行きます。

ですので予めネームサーバーに「ドメインAはサーバーBを見に行く」と登録しておく必要があります。

一方で、サーバーBにもドメインAとの関連付けをしっかり管理するよう登録しておく必要があります。

この2つの登録(設定)によりドメインAとサーバーBはしっかり関連づけされます。

では、実際に、
ネームサーバーへの登録(設定)
サーバーBへの登録(設定)
を行う手順を解説します。

ネームサーバーの設定(変更)

ドメインのネームサーバーの設定は、ドメインを取得した業者で行います

今回の例では、お名前.com でドメイン「syumi-no-blog.com」を取得していましたので、お名前.comの画面右上からログインします。

ログイン

ログインしてドメイン一覧を表示すると下記画面が表示されますので
①ドメイン一覧をクリックし、
②該当ドメインの「ネームサーバー」の「変更する」をクリックします。

ネームサーバーの設定変更

今回は、他業者「カラフルボックス」のサーバーと関連付けします。

カラフルボックスのネームサーバーは、
プライマリネームサーバー「ns1.cbsv.jp
セカンダリネームサーバーに「ns2.cbsv.jp

と予め決まっていますので、

③「他のネームサーバーを利用」を選択して
④プライマリネームサーバーに「ns1.cbsv.jp
④セカンダリネームサーバーに「ns2.cbsv.jp
を入力して確認をクリックします。

ネームサーバーの値をカラフルボックスへ変更

確認画面が表示されますので「OK」を押して確定させます。

最後にカラフルボックス(サーバーB)側でドメインAと関連付けをします。

カラフルボックスのサーバーとドメインとを関連付け

アドオンドメインの設定

アドオンドメインの設定でサーバーに自分で取得したドメインと関連づけします。

マイページにログインし、

①「サービス」をクリック
②該当サーバーの「契約中」をクリック
③表示された画面で「cPanelにログイン」をクリック

してcPanelにログインします。

cPanel画面で「ドメイン」の「アドオンドメイン」をクリックします。

cPanel画面のアドオンドメイン

取得したドメイン名を入力して「ドメインの追加」を押します。

アドオンドメインの作成画面

下記メッセージが表示されたら登録完了です。

アドオンドメイン登録完了画面

これでカラフルボックスのサーバー側もドメインと関連づけされました。

尚、今回のケースでは、ネームサーバーの変更とドメインとサーバーの関連付けはどちらが先でも構いません。

ドメインとサーバーも関連づけまで終了


関連記事

グーグルアドセンスとは

グーグルアドセンス(Google Adsense)とは、Googleが提供するサイト運営者向

記事を読む

WordPressでのブログ記事の書き方

ここでは、初心者の方でもわかるように、WordPressでのブログ記事の書き方、手順を解説し

記事を読む

グーグルアドセンスの自動広告と自動広告の種類

2018年にGoogleアドセンスの広告の種類に新機能として「自動広告」というものが追加され

記事を読む

ドメインとエクストリムのサーバーを関連付ける手順

ドメインを取得し、サーバーをレンタルするところまで終わりました。 しかし、現時点では、

記事を読む

ブログのアクセス数を増やす方法

せっかく書いたブログ、多くの人に読んでもらいたいのもです。 ブログはただ単に書くだけで

記事を読む

無料ブログのメリット・デメリット

ブログを始めるには、大きく、 ・業者が提供するブログサービスを利用して始める方法と、 ・

記事を読む


PAGE TOP ↑