独立ができる資格

独立できる資格

今はサラリーマンやOLでもいずれは独立してフリーランスとして働きたいと考えている方も少なくないと思います。

資格の取得はその夢を叶える一つの手段です。ここでは、男性・女性を問わず独立開業がしやすいおすすめの資格について紹介しています。

独立しやすい資格の特徴とは?

独占的に行える仕事がある資格

資格には、ある一定のスキルを認定する検定試験的なものから、その資格の保有者だけが独占的に行える仕事があるという特権が与えられた資格まで様々なものがあります。

このうち、独立開業が可能な資格はおよそ「その資格を保有する者だけが独占的に行える仕事があるという特権が与えられた資格」になります。

その代表として思い浮かぶのが、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、弁理士といったいわゆる士業と言われる資格ですが、これらの資格は難関中の難関の資格です。

何か独立できる資格はないものかと、趣味レベルで学習を始めて簡単に合格できるものではなく、一念発起し、長い年月をかけて目指す資格です。

当サイトは趣味のレベルとしての資格取得を提案するサイトですが、中にはこういったネットサーフィンでの出会いがキッカケで難関資格をゲットする人もいますので難易度の高い資格も参考として紹介しています。

このページではそいった資格を、独立開業ができる資格として紹介しています。

技術で需要に対応できる資格

独立開業がしやすい資格には、これらの他にも比較的簡単に資格を取得できて開業できるものがあります。但し、開業はできても独占的に行える仕事ではないため、客を納得させ、満足を与えるスキルや人間性が必要となります。

言い方を変えれば、高い技術(スキル)を身に付ければ、特に難関の資格を取得することなく、資格を看板として比較的簡単に独立して成功することができます。

本来、資格の難易度と独立のしやすさはさほど相関関係はなく、必ずしも難易度の高い資格だけが独立しやすいということではありません。

ここでは、そういった資格を独立しやすいその他の資格として紹介しています。

独立開業が可能な国家資格

ここでは、独立・開業ができる資格として、弁護士(司法試験)や公認会計士など、非常に難易度の高いわかりきった資格ではなく、社会人になってからでも一から勉強して取得が可能な現実的な資格を紹介しています。

一念発起し、難関資格にトライしてみようと思う方は下記を参考にして下さい。

中には、土地家屋調査士や行政書士などのように比較的資格の取得が簡単でなおかつ独立しやすい、いわば穴場的な資格もあります。

資格 仕事の内容
土地家屋調査士 土地家屋調査士は、他人の依頼を受けて、土地や建物の形状、位置、 利用目的などを調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記のスペシャリストです。測量士・測量士補の資格保有者は、土地家屋調査士試験の午前の試験が免除されるとあって受験する人の90%以上が、測量士補もしくは測量士資格を取得しています。
測量士・測量士補 測量士は、建設・土木工事を行う土地について、位置や高さ、長さ、距離、面積などを測量します。測量士の資格単独での独立はやや困難ですが、土地家屋調査士資格との併用で活躍の場が広がり独立もしやすくなります。測量士・測量士補の資格保有者は、土地家屋調査士試験の午前の試験が免除されます。
司法書士 司法書士は、依頼人に代わって、不動産登記、法人登記など権利に関する登記の申請手続きや、裁判所、法務局、検察庁に提出する書類の作成が主な仕事です。また私たちの日常生活で発生するさまざまな法律問題の解決、市民の権利保護などができる資格で今後ますます注目される存在です。
税理士 企業や個人経営者など納税者の依頼を受けて、税務代理を行う税務業務は税理士の独占業務となっています。また、経営の相談役としての役割も求められ、社会的な地位と収入が得られる職業です。資格取得後は、企業内税理士として活躍する人も増えていますが、ほとんどの人が税理士事務所などで経験を積んだ後、独立開業を果たしています。
行政書士 独立も可能な資格ですが、この資格を取得しておけば、就職する際にも法律の知識があることをアピールすることができ、有利になることが期待できます。独立開業できる資格としては比較的取得しやすい資格の一つです。男性だけでなく女性にも人気がある資格です。
社会保険労務士 社会保険労務士となった場合の進路は、一般企業の人事・総務部勤務、金融機関勤務、社労士事務所勤務、独立などが挙げられます。他の難関国家資格に比べ、企業勤務の割合が高いのが特徴ですが、社会保険労務士事務所などで経験を積んだ後、独立開業を果たす人も少なくありません。
中小企業診断士 中小企業診断士は、企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスする経営コンサルタントの国家資格です。策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。
不動産鑑定士 不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値に関する高度専門家で不動産関係資格の最高峰と言われます。不動産鑑定士は不動産の鑑定評価を独占して行うことができます。

ただ、これらの資格でも取得したからといって誰でもがすぐに独立して食べていけるという保証はありません。何の資格にしても仕事を開拓していく営業努力が必要になります。

通常は、資格取得後はイソ弁(事務所に雇われる弁護士)のようにしばらく事務所で働き、経験を積んで独立するというパターンが一般的ですが、中にはぶっつけ本番的に資格取得後すぐに独立・開業する人もいます。

また、これからの時代は何の仕事にしてもAI(人工知能)の発達で仕事内容はより高度になり競争もより激しくなることが予想されますのでそれなりの覚悟が必要になります。

独立開業が可能なその他の資格

独立開業がしやすい資格には、難易度の高いものばかりではありません。比較的簡単に資格を取得できて開業できるものがあります。

そこで、ここでは当分の間はAIに浸食されず、人生の途中からでも比較的簡単に狙っていける独立可能な資格を紹介してみたいと思います。

今はまだ資格を活用する時ではないかもしれませんが、持ていればいつかチャンスが訪れる時がくるかもしれません。

尚、言うまでもなく、独立・開業は資格の力だけでなく、人間力や営業力が非常に重要になる場合が殆んどです。これらに自信のない方は、独立を諦めるか、それらがあまり必要でないインターネットビジネスなどで独立する方を目指した方が近道だと思います。

資格 仕事の内容
ネイリスト ネイリスト技能検定試験は、今大流行のネイリストの専門家になるための試験です。民間資格の1つで、日本ネイリスト協会が主催する検定試験です。特に女性におすすめです。
カイロドクター ときどき街中でも見かける「カイロプラクティック」の看板。腰痛や肩こりなどで悩んでいる人の痛みをときほぐしてくれる施術です。日本では、法律の規制がないため資格が無くでも開業することができますが、殆どが民間の資格を取得して独立・開業します。年齢に関係なくチャレンジできる資格で、定年退職後に資格を取って独立開業する人もいます。
心理カウンセラー 心理カウンセラーは、心のトラブルをサポートし、解決するために存在する職業です。相談者の悩みをじっくりと聞き、相談者に合わせて最適な解決方法を見つけることが仕事になります。ヒューマンアカデミーの心理カウンセラーは、米国NLP協会の認定資格などを取得できます。
リフレクソロジスト リフレクソロジーとは、指で足裏にある数多くの反射区(各器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中個所のこと)を刺激し、ストレスや肩凝り・腰痛・冷え性・肌荒れなどの不調を解消する足裏健康法です。リフレクソロジストは、専門のサロンやエステ業界、整体院、医療や介護の分野で活躍できるほか、比較的独立開業がしやすい職業の一つで、自宅で空いている時間に営業するプチ開業や出張リフレクソロジーを行うケースも多いようです。
資格取得
のブロガー
ある特定の資格取得を目指しながらその経緯をブログに綴るビジネスモデルです。同じ資格を目指す人に書籍や通信教育などの紹介などができます。資格取得を達成したら、資格保有者としてその資格を目指す人をターゲットにビジネスを展開することも可能です。インターネットビジネスの一種でこの手法で多くの人が独立・開業に成功していますが、まだまだマーケットは十分にあります。

以上が独立・開業が可能な資格としておすすめできるものです。





PAGE TOP ↑