弁理士試験

弁理士試験

弁理士は、弁理士法で規定された知的財産権に関する業務を行うための国家資格者です。

弁理士の中心的業務は、技術的な創作や工業デザイン、業務上の信用を、特許権、意匠権、商標権等の形で権利化するための特許庁への出願手続代理や、それらを取消又は無効とするための審判請求手続・異議申立て手続の代理業務となります。

また、知的財産に関するユーザーニーズの多様化に応じて、ライセンス契約の交渉、仲裁手続の代理、外国出願関連業務等を含む知的財産分野全般に渡るサービスを提供するなどの幅広い活躍が期待されています。

弁理士は裁判所や大学、研究所、企業等に就職が有利なほか、独立も可能です。日本弁理士会が行っている知財に関する無料相談会の相談員をしたり、様々な業界団体の会合に出席してみるとクライアント獲得にもつながります。

弁理士になるには

弁理士になるには、3つの選択肢があります。
1.弁理士試験に合格する。
2.弁護士資格に合格する。
3.特許庁において審査官か審判官として7年以上従事する。
上記のいずれかに該当される場合は、経済産業大臣から指定を受けた機関が実施する実務修習を修了し、日本弁理士会に登録申請をして弁理士となります。

弁理士試験

受験資格

1次試験:筆記試験(短答式筆記試験):年齢・性別・学歴に関係なく、誰でも受験できます。

2次試験:筆記試験(論文式筆記試験):1次試験(短答式筆記試験)合格者。

3次試験:口述試験:2次試験(論文式筆記試験)合格者(筆記試験合格年度とその翌年度に限り有効)

必須科目免除制度

短答試験も論文筆記試験(必須科目)も一度合格すると合格発表の日から2年間免除されます。

選択科目免除制度

論文式筆記試験(選択科目)の合格者は、論文式筆記試験の合格発表の日から永続的に免除されます。

また、下記の資格等があれば、論文式筆記試験(選択科目)の受験が免除されます。

1.以下の公的資格者を有する方

技術士、一級建築士、第一種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、薬剤師、 情報処理安全確保支援士情報処理技術者、電気通信主任技術者、司法試験、司法書士行政書士

情報処理技術者試験では、
ITストラテジスト
システムアーキテクト
プロジェクトマネージャ
ネットワークスペシャリスト
などの試験が対象となります。

2.業所有権審議会の免除資格認定を受けた方

試験日時・試験の方法

<試験日時>

筆記試験(短答式筆記試験)

例年 5月下旬

筆記試験(論文式筆記試験)

必須科目 例年7月上旬
選択科目 例年7月下旬

口述試験

10月中旬から下旬

試験の内容

筆記試験

短答式筆記試験

1.特許・実用新案に関する法令
2.意匠に関する法令
3.商標に関する法令
4.工業所有権に関する条約
5.著作権法及び不正競争防止法
60題:5枝択一:3.5時間

論文式筆記試験

【必須科目】
1.特許・実用新案に関する法令:2時間
2.意匠に関する法令:1.5時間
3.商標に関する法令:1.5時間

【選択科目】
1.理工Ⅰ(工学)
2.理工Ⅱ(数学・物理)
3.理工Ⅲ(化学)
4.理工Ⅳ(生物)
5.理工Ⅴ(情報)
6.法律(弁理士の業務に関する法律)
のうち1科目選択(1.5時間)

口述試験

1.特許・実用新案に関する法令
2.意匠に関する法令
3.商標に関する法令
各科目とも10分程度

受験料:12,000円

弁理士試験の難易度・合格率

難易度:★★★★★★★☆
合格までの学習期間目安:2年~

弁理士試験の合格率は例年7~10%前後です。弁理士試験は司法書士試験不動産鑑定士試験税理士試験などと同じく司法試験に次ぐ難易度であると言われています。

弁理士試験は独学で合格することはまず不可能です。まずは、優良な教育機関から資料請求をするなどして、よく吟味して学習を開始することをお勧めします。

弁理士試験の合格体験記・独立成功のヒケツ

参考:弁理士資格~取得してからが始まり物語・・・弁理士試験に合格するためには、毎日どれくらい勉強したらいいの?

参考:弁理士独立開業マニュアルまとめ・・・独立開業に必要な資金や顧客開拓、初期費用や運転資金などをまとめています。


関連記事

AIの発達でなくなる仕事・職業

AIとはArtificail Inteligenceの略で直訳すると人工知能のことです。最近

記事を読む

土地家屋調査士試験

土地家屋調査士の資格は、比較的独立開業がしやすい資格です。独立開業がしやすい資格にしては超難関資

記事を読む

ITパスポート試験(IP)

ITパスポート試験(通称 iパス)は、国家資格である情報処理技術者試験の中でもっとも基礎的な資格とな

記事を読む

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験は、高度IT人材として、プロジェクト計画の立案、計画した予算、納期

記事を読む

不動産鑑定士試験

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値に

記事を読む

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバー攻撃による社会的脅威が急速に増大し、情報セキュリティの重要

記事を読む


PAGE TOP ↑