アフィリエイトの種類

アフィリエイトの種類

アフィリエイトといってもそのやり方にはいくつか種類があります。

ここではアフィリエイトのやり方としてどのような種類があるのか、またその特徴などを解説しています。

ブログアフィリエイト

ブログを媒体として商品を紹介(アフィリエイト)する方法です。
広告を管理するASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と契約(登録)し、ブログを書いて広告を張り付け、商品を紹介(アフィリエイト)する方法です。初心者が始めるのに適しています。多くのブログはアフィリエイトをやっています。ブログを開設する方法には業者が用意する無料ブログを利用する方法と自分でドメインを取得しサーバーをレンタルして開設する方法がありますが、前者は制約も多く、ライバルと戦うにはやや不利になりますので長く続けていく場合は後者がおすすめです。
参考:ブログでアフィリエイトを始める方法

サイトアフィリエイト

自分でサイト(ホームページ)を作って商品を紹介する方法です。
無料でホームページを作れるサービスもありますが制約が多いため独自でドメインとサーバーを用意して取り組む方が後々有利になります。真剣にアフィリエイトに取り組んでいる方の多くはサイトアフィリエイト、またはブログアフィリエイトを実践していますが、最近はワードプレスのように自由度が高いブログツールもありますのでブログによるアフィリエイトが増加傾向にあります。いずれにしても柔軟性のあるサイトを構築したい場合は、ホームページを作成する技術やCSS、またSEO技術 (googleなどの検索結果の上位に表示させる技術)が必要になります。このような技術が備わっていれば大きな収入につながる可能性が広がります。

メルマガアフィリエイト

メールマガジンを発行してメルマガの中で商品を紹介(アフィリエイト)する方法です。サイトアフィリエイトと2段構えをしているケースが多く見られます。 無料のメルマガ発行サービスがありますが、アフィリエイトに専念していく場合は、有料のメルマガサービスを使う方が有利となります。通常メルマガへの誘導はホームページからの誘導で行われます。ホームページを見て興味のある方が読んでくれますので、メルマガを発行できるだけの得意分野と文章力があれば、アフィリエイトとしては最も効率が良いやり方です。メルマガを発行する場合は法律により本名と住所を公開する必要があります。

PPCアフィリエイト

GoogleやYahooに広告費用を支払い、検索結果の上位やサイドなどに表示させることによって、自分のサイトやブログに多くの人を誘導し、誘導したサイトやブログの中で商品を紹介(アフィリエイト)する方法です。
GoogleやYahooなどで検索してみればわかりますが、検索結果の上位やサイドには「広告」と表示された検索結果がいくつか表示されます。これらがPPCを利用した広告です。広告費と収入の兼ね合いで損が発生する場合もあります。

Googleアドセンス

グーグルアドセンスとは、グーグルアドセンスに登録してグーグルが用意する広告を自分で作ったホームページやブログのコンテンツ貼ることで、ユーザーのニーズに合った広告をグーグルが自動的に表示してくれるシステムです。
基本的にクリック報酬です。訪れた人が広告をクリックすると報酬が発生します。多くの人をホームページに誘導することができるようになれば、安定した収入になります。グーグルがその訪問者のニーズに合った広告を表示してくれますので、サイト運営者はサイトのコンテンツ(ブログであれば記事作成)に専念できます。
※自分で広告をクリックすることは禁じられています。
参考:グーグルアドセンスとは

携帯アフィリエイト

携帯(スマートフォン)市場で行うアフィリエイトです。
アフィリエイトのやり方はブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトとは同じですが、画面が小さいので、適切なサイト表示には別のスキルが必要となってきます。ただ、近年はスマホなどでも通常のサイトの閲覧が可能です。スマホ(携帯)を意識したサイトつくりにはあまり神経質になる必要はないというのが私の見解です。

概ねこのような手法がありますが、おすすめは、
ブログアフィリエイト
サイトアフィリエイト
googleアドセンス
です。

ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトは大きな収入に繋がる可能性がありますし、Googleアドセンスは、訪問者がいれば確実に収入に繋がります。

アフィリエイトをはじめる前に準備しておくこと





PAGE TOP ↑