アフィリエイトの利点・欠点

アフィリエイトの利点・欠点

アフィリエイトビジネスには様々な利点・欠点があります。

ここでは考えられるメリットとデメリットを解説します。

アフィリエイトの利点(メリット)

リスクが少ない。費用がかからない

アフィリエイトの最も大きい利点は何といってもリスクが少ない点です。初期費用はやり方によっては、ゼロで済みますし、在庫リスクもなく失敗しても借金を背負うなんてこともまずありません。時間と興味があればやって損はないビジネスです。勿論、やる気のある人は事業として取り組むことも可能です。

インターネットが普及する前は、お店を持つ(事業を立ち上げる)ということは手間と時間とお金がかかることで簡単に出来ることではありませんでした。しかし、インターネットが普及した現在では、実店舗を構えるのと比較してはるかに安価で簡単にアフィリエイトを利用してネット上に自分のお店を持つことができるようになりました。

時間や場所に縛られない

ネットショップ(アフィリエイト)の場合、実店舗と違い、1日中お店に立っている必要はなく、自分の手のあいた時間にお店(ブログやホームページ)のメンテナンスをすることが可能です。サラリーマンや主婦の方、学生でも時間のある時にできるという利点があります。

また、パソコンとインターネット環境があれば場所を選ばずアフィリエイト活動が可能となります。最近では海外を旅しながらアフィリエイトをしている方も増えてきました。

専門的な知識や技術が不要

アフィリエイトは、パソコンやプログラムなどの専門的な知識や技術は必要ありません。普通にパソコンが扱える程度の技術(文字入力や検索エンジンを使ってのネットサーフィンなど)があれば、誰でも アフィリエイト活動を行うことができます。自分の興味のある分野、得意とする分野、日頃行っている趣味を題材に文章を書きながらアフィリエイト活動を行うことができます。

扱える商品が多い

アフィリエイトで取り扱う商品は、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録すると閲覧することができます。2~3社のASPに登録すると数千点の商材を扱えるようになります。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)への登録は、通常、審査がありますが、下記には、審査がないか、または審査が緩いサイトが紹介されています。また、ASPへの登録は無料です。
審査のなしのおすすめASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)

普通の店舗であれば、商品の仕入れ資金や在庫管理の都合などにより、商品数を無限に増やすことは困難です。また、契約によっては、競合する他社製品を販売できないこともあります。しかし、アフィリエイトでは、仕入れ商品数に制限はありませんし、好きなだけ商品を取り扱うことができます。競合する商品を取り扱うことも可能です。

自分で購入しても成果の対象となる

商材は自分で購入しても成果の対象となります(※一部、成果の対象とならない商品もあります)。無理に購入する必要は全くありませんが、いつも買っている商品や欲しいと思った商品も取り扱いがあれば、購入することができ、成果の対象として報酬を得ることができますので、実質割安で購入することができます。これだけでもアフィリエイトの利点としてとらえることができます。

知識が身に付く

基本的には、取り扱いたい商品をアフィリエイト (紹介して販売)していくことになります。サイトに訪れた人の興味を引いて購入するまで誘導するには、出来るだけ広告に関連付くような内容の記事で充実させていく必要があります。その商品の記事を充実させていくにあたって、ネットで調べたり確認したりすることによりその商品の知識が自然と身に付くことになりますし、これが後々自分のためになるケースはよくあることです。

※例:育毛に関して興味がある → 育毛剤の紹介(アフィリエイト)をする  → 育毛剤の紹介文を書くにあたりネットで色々調べる → 知識が豊富になる → 自分の育毛に役立てることができる。

高収入の可能性がある

アンケート調査等によれば殆どのアフィリエイターの報酬が月額2~3万円以下ですが、中には月額数百万を稼ぐアフィリエーターも存在することも事実です。難しいとはいえ、努力とやり方次第では高収入が可能な世界です。サラリーマンの時に片手間ではじめたアフィリエイト活動の報酬が月額数十万を超えたところで脱サラしてアフィリエイターとして活躍している方も多く存在します。

アフィリエイトの欠点(デメリット)

収入の発生までに時間がかかる。

ある程度の収入に繋がるまでに時間がかかります。サイトやブログ自体を徐々に充実させていき、サイトに訪れる人を増やしたり、購入に結び付けるような内容の記事で充実させていく努力が必要となります。そのやり方で無収入だったり月額数百万の収入だったりします。

競争相手が多い

アフィリエイター(アフィリエイトをする人)の人口は400万人とも500万人とも言われていますが、実は本格的に稼働している人はほんの一握りです。アフィリエイトビジネスにはコツがあるためそのコツを習得することが重要。やることよりやり方が重要です。

Googleに依存する

アフィリエイトを行うにあたり、サイトやブログへの集客の基本はGoogleなどの検索エンジンからの流入となります。そのため、自分のサイトやブログを検索結果の上位に表示させる技術が必要になりますが、Googleの検索結果(アルゴリズム)の順位は頻繁に更新され、なかなか安定して上位に表示させることは困難です。このためアフィリエイトはGoogleなどに依存することになります。

アフィリエイトのやり方にはどんな種類があるか

アフィリエイトをはじめる前に準備しておくもの




関連記事

Amazonアソシエイトで副サイトを登録する方法

Amazonアソシエイト・プログラムに登録してAmazonアフィリエイトを行っている場合でも

記事を読む

アフィリエイト用語集

ここでは、アフィリエイトに関する用語、アフィリエイト活動をしている時に出てくる用語について簡

記事を読む

アフィリエイトを専業としておすすめしない理由

当サイトでは、ネットビジネスの種類でも紹介している通り、趣味や副業としてアフィリエイトをおす

記事を読む

アフィリエイトで稼げるジャンルは?

アフィリエイトで稼げるジャンルというものはあります。 需要のないジャンルを選んでしまう

記事を読む

アフィリエイトとは?

アフィリエイトという言葉を一度は耳にした方も多いと思います。アフィリエイトの歴史は意外と古く

記事を読む

稼げるネットビジネスは何か

インターネットは、一瞬にして世界と繋がることができるツールです。インターネットが普及してから

記事を読む



PAGE TOP ↑